« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

06/09/09 秋の正蔵

公演名
秋の正蔵
会場
紀尾井小ホール
日時
2006年9月9日 14:00~
演目
大工調べ
林家正蔵
太神楽曲芸
翁家勝丸
うどん屋
林家正蔵
阿武松
林家正蔵
感想

ほとんどネタおろしとのこと。なかなかどきどきしながら聞きました。

大工調べ
棟梁の啖呵が聞きどころ。自分は江戸っ子だと枕でいってましたが、もう一つ立て板に水とはいかなかったかな。
うどん屋
酔っぱらいの人のよさがもう少しだしてもよかったかと。
阿武松
この噺のおもしろさがもう一つわからないですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06/09/04 納涼 茂山狂言祭

公演名
納涼 茂山狂言
会場
国立能楽堂
日時
2006年9月4日 18:30~
演目
蝸牛(かぎゅう)
山伏
茂山千五郎
主人
茂山千作
太郎冠者
茂山千三郎
鎌腹(かまばら)
太郎
茂山千之丞
女房
茂山茂
仲裁人
網谷正美
死神(しにがみ)
茂山七五三
死神A・B
茂山あきら
召使A
丸石やすし
茂山正邦
茂山童司
奥方
松本薫
感想
蝸牛
以前、逸平さんの山伏のものを見たと思う。
人間とカタツムリを混同してしまうとは、落語に通じるものを感じる完成ではあるとも思います。
あるいは、前々情報がないものに対して、最低限の情報から、ものを再構築することのおもしろさということを感じました。
何よりも、にぎやかな舞台が気に入っています。
鎌腹
はじめてみたものです。
口やかましく、しっかり者の女房と、だらしのない男とのやりとりがおもしろかった。
あまりに、女房に責められて、いろいろな方法で自殺を試みるも、できない男と、それを察して止めようとする女房。という構図の中で、最後に男が女房に見せる態度は照れ隠しなのだろうが、狂言らしくていいですよね。
死神
落語の死神をごく普通に狂言にひきうつしたもの。
前に、京極夏彦が脚本をしたものを見たことがあります。こちらは、「新・死神」となっていたのは、もう狂言でやっていたからなのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »