« 06/10/28 志の輔こらぼ能楽どーやin横浜 | トップページ | 06/11/02 第19回 読売GINZA落語会 »

06/10/29 若手花形落語会 林家たい平・柳家喬太郎 二人会

公演名
若手花形落語会 林家たい平・柳家喬太郎 二人会
会場
なかの ZERO 小ホール
日時
2006年10月29日 14:00~
演目
桃太郎 DV
春風亭栄助
小言幸兵衛
柳家喬太郎
太神楽
鏡味正一郎
二番煎じ
林家たい平
感想
桃太郎
春風亭栄助という人ははじめてみました。
新作に強い人なのかな。桃太郎も、前半は通常の筋で一通り演じてから、後半は、アメリカにもっていって、父親を13日の金曜日のジャイソンばりに仕立てて、桃太郎を語らせていました。おもしろかったですね。
小言幸兵衛
喬太郎さんの小言幸兵衛を聞くと、この噺は幸兵衛の小言というのはつけたりで、実は、幸兵衛の妄想がどのくらい広がっていくかを楽しむものなんだという気がします。
とにかく、古着屋の娘と、たまたま居合わせた仕立屋の息子が、どういう風に結ばれて、どういう風に反対を受け、心中していくのかを、事細かくディテールを積み上げて、妄想を嬉々として広げていく様が、おかしくてなりませんでした。
二番煎じ
冬の厳しい寒さが感じられました。だからこそ、出てくる登場人物の堪え性がない様、しかしながらごく普通の人々のごく普通にやるだろうなということが素直に伝わってきました。

|

« 06/10/28 志の輔こらぼ能楽どーやin横浜 | トップページ | 06/11/02 第19回 読売GINZA落語会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 06/10/29 若手花形落語会 林家たい平・柳家喬太郎 二人会:

« 06/10/28 志の輔こらぼ能楽どーやin横浜 | トップページ | 06/11/02 第19回 読売GINZA落語会 »