« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

06/10/29 若手花形落語会 林家たい平・柳家喬太郎 二人会

公演名
若手花形落語会 林家たい平・柳家喬太郎 二人会
会場
なかの ZERO 小ホール
日時
2006年10月29日 14:00~
演目
桃太郎 DV
春風亭栄助
小言幸兵衛
柳家喬太郎
太神楽
鏡味正一郎
二番煎じ
林家たい平
感想
桃太郎
春風亭栄助という人ははじめてみました。
新作に強い人なのかな。桃太郎も、前半は通常の筋で一通り演じてから、後半は、アメリカにもっていって、父親を13日の金曜日のジャイソンばりに仕立てて、桃太郎を語らせていました。おもしろかったですね。
小言幸兵衛
喬太郎さんの小言幸兵衛を聞くと、この噺は幸兵衛の小言というのはつけたりで、実は、幸兵衛の妄想がどのくらい広がっていくかを楽しむものなんだという気がします。
とにかく、古着屋の娘と、たまたま居合わせた仕立屋の息子が、どういう風に結ばれて、どういう風に反対を受け、心中していくのかを、事細かくディテールを積み上げて、妄想を嬉々として広げていく様が、おかしくてなりませんでした。
二番煎じ
冬の厳しい寒さが感じられました。だからこそ、出てくる登場人物の堪え性がない様、しかしながらごく普通の人々のごく普通にやるだろうなということが素直に伝わってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06/10/28 志の輔こらぼ能楽どーやin横浜

公演名
志の輔こらぼ能楽どーやin横浜
会場
横浜能楽堂
日時
2006年10月28日 12:30~
演目
二人袴
茂山千五郎
太郎冠者
茂山千三郎
茂山正邦
茂山茂
雲竜
小間物政談
立川志の輔
感想
二人袴
はじめてみました。納涼茂山狂言での、リクエストの上位に必ず出ているので、見てみたいとずっと思っていました。
正邦さんの過保護ぶりと、茂さんの甘えぶりに現代的な味付けを感じたのですが、どうなんでしょうかね。もしかしたら、このママの形でずっと行われてきたのかしら。
今年は、脇正面の一番左側の席だったので、雲竜さんのお顔をはっきりと見させていただきました。
こういうのは、一年に最低一回は聞かなければなりませんね。
小間物政談
今回で、2回目かな。前も、志の輔さんで聞きました。
これで解決になっているのかな、といううのが感想になってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06/10/08 談春七夜 白昼祭 「山吹」

公演名
談春七夜 白昼祭 「山吹」
会場
東京芸術劇場 小ホール2
日時
2006年10月08日 14:00~
演目
道灌
柳家三三
紙入れ
立川談春
木乃伊取り
立川談春
感想
道灌
道灌は、柳家一門の前座が必ず習うものだということです。初めて知りました。
三三さんが小三治師匠から唯一の稽古が、この噺だということです。この稽古の風景と、後の席で談春さんが披露した、談志師匠からの稽古の対比が興味深かったですね。
紙入れ
やっぱり、談春さんの女将さんの色気はいいですよね。
木乃伊取り
談春さんで聞くと、男のだめっぷりよりは、やはり吉原の花魁のしたたかさが際立っていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06/10/05 談春七夜 第三夜 「闇」

公演名
談春七夜 第三夜 「闇」
会場
東京芸術劇場 小ホール2
日時
2006年10月05日 17:00~
演目
引越しの夢
柳家三三
首提灯
立川談春
妾馬
立川談春
感想
引越しの夢
この噺を聞くのは初めてです。筋は桂平治の噺の穴 第七十回を見てください。
三三さんの風にあったはなしだなと感じました。
首提灯
初めて生で聞きました。「闇」のテーマの噺だということです。
落語らしくて好きですね。首が離れていることを気づいていく過程のもっともらしさ?が見ていて、わくわくしました。
妾馬
志の輔さんで聞いたことがある樣なないような。
八五郎の江戸っ子ぶりがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »