« 06/11/07 東京茂山狂言界 第十二回 | トップページ | 06/12/08 彩の国さいたま寄席 四季彩亭 年末落語会 »

06/11/11 落語教育委員会 喜多八 歌武蔵 喬太郎 三人会

公演名
落語教育委員会 喜多八 歌武蔵 喬太郎 三人会
会場
なかの ZERO 小ホール
日時
2006年11月11日 17:30~
演目
コント
 
悋気の独楽
柳家ろべえ
怪談のりうつり
柳家喬太郎
胴斬り
三遊亭歌武蔵
鈴ヶ森
柳家喜多八
感想
この三人会は初めて聞きました。
最初のコントは、いつもやっているもののようです。リラックスした雰囲気が出てよかったです。
悋気の独楽
初めての人です。喜多八さんのお弟子さんとのこと。
怪談のりうつり
新作です。怪談の前はなしという態で終わりましたが、本当に怪談があるのかどうかは、微妙なところかな。
ただ、喬太郎節全開と言った、冴えない主人公の変人ぶりに笑いっぱなしでした。
この噺を聞いていて、漠然と新作と古典の違いということを考えてしまいました。この噺では、主人公のキャラクターのおかしさに立脚した作りになっています。どういった背景とか、はなしのすじはどうとでもなります。また、このキャラクターを演じられるのは、喬太郎さん以外にはありません。
対して、古典では、はなし自体が独立してあって、演者はそれを自分なりに解釈して再構築することになるのではないかなということが感じられました。
胴斬り
以前、談春さんの「首提灯」の枕として聞きました。
首提灯にいくのかなと思っていたら、いろいろとくすぐりを入れて、一つのはなしと演じられていました。
古典というのは、こういうこともできるのですよね。
鈴ヶ森
古典を古典らしく演じられる人ですね。確か、以前師匠の小三治さんで聞いたことがあるはなしです。
子分の間抜けぶりがおかしかったです。

|

« 06/11/07 東京茂山狂言界 第十二回 | トップページ | 06/12/08 彩の国さいたま寄席 四季彩亭 年末落語会 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 06/11/11 落語教育委員会 喜多八 歌武蔵 喬太郎 三人会:

« 06/11/07 東京茂山狂言界 第十二回 | トップページ | 06/12/08 彩の国さいたま寄席 四季彩亭 年末落語会 »