« 07/01/21 京都・茂山千五郎家の狂言 | トップページ | 07/02/14 柳家喬太郎 独演会 ~もったいない愛~ »

07/01/27 春風亭小朝・春風亭昇太・林家たい平 三人会

公演名
春風亭小朝・春風亭昇太・林家たい平 三人会
会場
なかの ZERO 大ホール
日時
2007年1月27日 17:00~
演目
権助魚(開口一番)
林家彦いち
片棒
春風亭小朝
明烏
林家たい平
伊与吉幽霊
春風亭昇太
感想
彦いちさんが開口一番をやるという贅沢さです。たい平さんが、大ホールでやるのは初めてといっていました(小ホールでは何回かみました)。笑点効果ということ?
権助魚
これをもし談春さんがやったら、おかみさんの嫉妬に笑点があたるのだろうかなと。
彦一さんは、権助を楽しく演じていました。
片棒
小朝さんは、片棒が好きなんじゃないかと思います。聴くたびに、少し筒違っていますし、だから飽きることがないです。
明烏
たい平さんの明烏はいいですよね。若旦那の育ちのよさが嫌味なく感じられます。
伊与吉幽霊
季節外れの新作の怪談と紹介していました。新作といっても、登場人物は、江戸時代ごろかな。
伊与吉が幽霊として、友達の八公の前に出てくるところから始まります。
なんでも、せっかく船に乗って働いて、ひとり親の母親に仕送りができる様にまで、なったのに、大波で船が転覆して、溺れ死にしてしまったのとのこと。
幽霊として出てきたのは、どうしても頼みたいことがある。船が転覆したことは、あと十日もすれば、知らせが届くだろう。その前に、自分は船を降りてしまっていること、新しい働き口を探しているので、心配はしなくていいと伝えたい。しかし、母親が灯明をつけ、念仏を唱えるので、近づくことができないので、八公に何とかしてほしいとのこと。
という感じで進んでいくのですが、最後は、自分の子供が死んでしまったことに気がついても、せっかく心配させまいと、幽霊までになった、子供を不憫に思ってだまされてやった、という具合で、油断していたら、うっかりとしんみりしてしまいました。
よかったです。もう一度聞きたいですね。

|

« 07/01/21 京都・茂山千五郎家の狂言 | トップページ | 07/02/14 柳家喬太郎 独演会 ~もったいない愛~ »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/01/27 春風亭小朝・春風亭昇太・林家たい平 三人会:

« 07/01/21 京都・茂山千五郎家の狂言 | トップページ | 07/02/14 柳家喬太郎 独演会 ~もったいない愛~ »