« 07/04/01 春風亭昇太独演会『昇太ムードデラックス』 | トップページ | 07/04/07 第五十回 扇辰・喬太郎の会 »

07/04/05花緑まつり 花緑落語「最後の一本」

公演名
花緑まつり 花緑落語「最後の一本」
会場
赤坂 RED THEATER
日時
2007年4月5日 19:00~
演目
野ざらし
柳家花緑
ミニトークショー
柳家花緑
加納幸和
最後の一本
柳家花緑
感想
野ざらし
枕が長すぎたようで、前半だけだったのが残念。今回は、「最後の一本」のための会なので、当然といえば当然。
ミニトークショー
日替わりで、ゲストを替えて行っているとのこと。今回の加納さんは花組芝居という劇団の演出・脚本・俳優をやっている人。
花緑さんが、客演したしたこととか、花組芝居で落語を行ったこととかから、落語と演劇の比較とかの話になって、興味深かったです。
最後の一本
花緑落語ということです。キャラメルボックスの脚本家である、真柴あずきの脚本による新作。
傑作だと思います。
主人公はホスト。筋の悪い借金をしてしまい、取り立てや匂われるうちに死んでしまうことがはなしの発端となります。天国に入る前に、現世での気になっていたことを、思い出せることができ設定。それの契機となるのが、マッチを擦ること。「マッチ売りの少女」ですね。
今まで関わってきた女性の主人公と分かれたあとの人生をみることで、噺が進んでいきます。しかし、最後の一本だけがすることができません。それは、今まで関わってきた女性の中で、最も気になっている女性の現在を知ることが怖いからでした。
という具合で、噺ができていますが、全体の結構としては人情噺となっています。物語として見ると、かなり大甘なストーリーになるのかもしれません。しかし、こと落語の形で聴くと、非常におもしろくなっています。物語進むにつれて、どんどんはなしに引き込まれていって、最後はうるッときてしまいました。
聞き終わって思ったことは、花緑さんと同時代に生まれ合わせてこれたとの幸せということです。このような落語の誕生に居合わせることができた幸運を感じています。

|

« 07/04/01 春風亭昇太独演会『昇太ムードデラックス』 | トップページ | 07/04/07 第五十回 扇辰・喬太郎の会 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/04/05花緑まつり 花緑落語「最後の一本」:

« 07/04/01 春風亭昇太独演会『昇太ムードデラックス』 | トップページ | 07/04/07 第五十回 扇辰・喬太郎の会 »