« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

07/04/29 春の正蔵

公演名
春の正蔵
会場
紀尾井小ホール
日時
2007年4月29日 14:00~
演目
鈴ヶ森
春風亭一之輔
花見小僧
林家正蔵
お仲入り
紙切り
林屋正楽
百川
林家正蔵
感想

正蔵さんのネタおろしの会。会場もいいし。

鈴ヶ森
一之輔さんは、初めてです。二つ目ということです。
鈴ヶ森は、好きな演目です。後半の鈴ヶ森でのやりとりがあっさりしすぎて物足りなかったです。
花見小僧
初めて聴くものでした。
前半の、旦那と番頭のやりとりで、旦那が少しもの知らずすぎるような印象を受けてしまいました。
後半の小僧が中心になると、生き生きとしていて、やはり正蔵さんは、こういうものが得な感じを受けました。
紙切り
正楽さんは、こういった独演会では初めてかもしれません。末広亭ではみたことがあると思うのですがね。
紙切りそのものもそうなのですが、お客様からお題をいただく、そのお題も含めて、昭和の感じを受けるのですよね。
百川
百川も初めて聞きました。
もうひとおもしろさがわからなかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/04/28 春狂言 2007

公演名
春狂言 2007
会場
国立能楽堂
日時
2007年4月28日 14:30~
演目
梟(ふくろう)
法印
茂山あきら
丸石やすし
病人
茂山茂
空腕(そらうで)
網谷正美
太郎
茂山七五三
靭猿(うつぼざる)
大名
茂山千之丞
太郎冠者
茂山茂
猿曳
茂山千三郎
若杉奈津子
感想
あきらさんの法印が、とぼけた味が出ていて楽しかったです。
茂さんの梟の鳴き声がぶっとび気味なのもよかった。
空腕
はじめてみたものです。
前半の暗闇の中で、なんでもものに、おびえてしまう臆病さを演じているのですが、こちらも何かいるのではないかと思ってしまいました。
後半、架空の腕自慢をするのですが、、それが勇ましすぎてすぐに嘘とわかるのが、かわいらしく演じられていて、七五三さんらしくて、楽しめました。
靭猿
初めてです。前々から見たいと思っていたので、楽しみにしていました。
とにかくよかったです。猿を演じていた子役の子がとにかく可愛すぎです。そして、泣けてしまいました。
後半、命を助けられたお礼に猿回しを演じるのですが、大名が猿の可愛らしさに、自分も猿をまねてしまうのですが、その様子が、どう見ても、おじいちゃんが孫の可愛らしさにでれでれになっているとしか見えませんでした。
まとめ
HeartRails Graph

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/04/26 三遊亭白鳥 独演会 『白鳥大全集』 ~デンジャラスに21世紀、白鳥を読む四日間~

公演名
三遊亭白鳥 独演会 『白鳥大全集』 ~デンジャラスに21世紀、白鳥を読む四日間~
会場
東京芸術劇場 小ホール2
日時
2007年4月26日 19:00~
演目
僕はこうして・・・・
三遊亭白鳥
張り扇いろいろ
神田茜
黄金餅
三遊亭白鳥
お仲入り
あの頃の夢
神田茜
双蝶々
三遊亭白鳥
感想

4回連続の独演会の最終夜ということです。毎回テーマを決めて話を選んでいるとのこと。最終回のテーマは「落語」。古典に挑戦ということですが、どうなることやら。
ゲストとして神田茜さんが出ていました。

僕はこうして・・・・
4回を通して、なぜ落語家になったのか、どういう風に落語家として過ごしたのかを語るコーナーということです。
今回は、真打になったころの話でした。真打披露興行でつかった後ろ幕をかけていましたが、なんでも、ファンの手作りのものだということでした。手付く館あふれるもので、白鳥さんらしいものでした。
張り扇いろいろ
神田茜さんは、はじめです。白鳥さんとは昔からの知り合いということで、です。
ホームページをみたら、神田山陽さんの門下とのこと。
黄金餅
現代版黄金餅。趣向としては、富Q と同じです。主人公が売れない落語家、舞台が池袋です。西念を北朝鮮出身の婆さん、餅を韓国の餅のトックにしていました。死体は、闇の焼き場で焼きます。下屋の山崎町から麻布絶口釜無村の焼き場までの道順を調子よく並べていくあれを、池袋だけでやっつけるという離れ業をやっていました。
あの頃の夢
新作の講談でした。2億円の宝くじがあたった夫婦のはなし。話の筋としては、芝浜の趣向でした。お話としてはおもしろかったのですが、講談特有のリズムのある語りがなかったのが残念でした。
双蝶々
双蝶々は聞いたことがないので、はじめてが白鳥さんでした。一応時代設定が江戸時代としていましたが、内容的には、家を飛び出した子供の長吉が、どこともしれない森で、白と黒の二匹の蝶々を追って入った家で、遭遇したものは、という流れです。
そこでみたのが、マッチ売りの少女とヘンゼルとグレーテルなので、どう見ても古典のそのままではないことはわかります。ググッテみたら、、本当は落語「双蝶々」の舞台を歩く のようです。
ただ、今日のほうが、双蝶々の名前にあっていたと思います。
まとめ
HeartRails Graph

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/04/14 桂三枝・春風亭小朝 東西落語名人会

公演名
桂三枝・春風亭小朝 東西落語名人会
会場
西新井文化ホール
日時
2007年4月14日 13:30~
演目
医ー家族
林家いっ平
ヴィンテージオブ1985
春風亭小朝
晴れの日
春風亭小朝
お仲入り
青い瞳右ーた会長さん
桂三歩
日本一のコシヒカリ
桂三枝
感想

新作・創作落語オンリーでした。この二人の会は初めてなので、いつも公なのかはわかりません。

医ー家族
いっ平さんは、顔の感じとは違って、だみ声に近い感じですよね。
この噺は、医者家族のはなしですが、主人の医者のイヤラしい感じよく出ていました。
ヴィンテージオブ1986/晴れの日
晴れの日は、以前にも聞いたこと があります。もうひとつのほうも、傾向的には同じもので、落語というよりは、芝居ないし映画的な感触を感じます。
小朝さんは、こういった傾向のものを、探っているのかもしれませんね。
青い瞳右ーた会長さん
桂三歩さんは、初めてです。にぎやかなあかるい感じで、今日の中では、一番笑えました。
日本一のコシヒカリ
大阪の中心にあるビルに囲まれた田んぼを守る、父子のはなしです。
そこそこ楽しめましたが、落ちが少し弱かったかな。
まとめ
HeartRails Graph

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/04/11 花緑まつり 子別れ(通し)

公演名
花緑まつり 「子別れ(通し)」
会場
鈴本演芸場
日時
2007年4月11日 17:30~
演目
道灌
柳家初花
紙切り
林屋二楽
転失気
柳家市馬
(新作)
五明楼玉の輔
粗忽の釘
林家たい平
太神楽曲芸
翁家勝丸
(新作)
春風亭小朝
(新作)
林家正蔵
お仲入り
子別れ(通し)
柳家花緑
感想

この「花緑まつり 子別れ(通し)」は鈴本演芸場の開席150周年記念の、特別興行とのことです。
鈴本演芸場自体が初めてだし、子別れを通しで聞くのもはじめての、初めて尽くしです。夕方の五時半に始まって、おわったのが九時過ぎでした。会場から、客席はほぼ満席状態で、すごかったですね。
寄席に行くのが10年ぶりぐらいで、なおかつ通っていたのが、針術の末広亭だけだったので、正直疲れてしまいました。

開口一番~お仲入りまで
とにかく、メンバーがすごいですよね。開口一番が二つ目で、あとは軒並み大看板を含めた、真打ばかり。やはり、150周年記念なんですね。
このなかでは、五明楼玉の輔さんだけが初めてでした。
子別れ(通し)
とにかく、子別れをお押しで聞くのは初めてです。それで、聞いて初めに浮かんだ感想は、子別れは後半だけでいいよね、ということでした。
まとめ
今回から、べつやくメソッドで全体のまとめをしたいと思います。 HeartRails Graph

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/04/07 第五十回 扇辰・喬太郎の会

公演名
第五十回 扇辰・喬太郎の会
会場
国立劇場演芸場
日時
2007年4月7日 18:30~
演目
無学者
三遊亭玉々丈
たらちね
柳家喬太郎
擬宝珠
柳家喬太郎
夏泥
橘家文左衛門
愛宕山
柳家喬太郎
感想

この二人の会がこんなに長くやっているなんて知らなかったし、ましてや五十回目という節目なんて全然知りませんでした。 基本的には、喬太郎さん目当てでした。扇辰さんは、まだ見たことがないので楽しみにしてました。 そうしたら、なんと扇辰さんが倒れてしまったとのことで、高座に上がることができないとのこと。たまたま、居合わせた文左衛門さんをゲスト扱いにした、喬太郎独演会の形になってしまいました。

無学者
円丈さんのお弟子さんとのこと。前座らしいのですが、しっかりと演じていました。ただ、円丈さんの弟子らしさ(どういうの?)はなかったような。
たらちね
八公が、おかみさんがくるまえの妄想を膨らますところを、かなり長めにやっていましたね。ここいら辺に喬太郎さんらしさがでていました。
擬宝珠
はじめ、熊さんが大旦那に呼ばれて、若旦那の悩みを聞いてくれという滑り出しで、あれっとこの間聞いたばかりだなと 思っていたら、「崇徳院」でも「千両みかん」でもないよと、くすぐりを入れてきたので、もしかしたらと思っていたら、擬宝珠でした。
やっと聞くことができたなという感じです。都筑道雄の砂絵シリーズで、この噺をモチーフとしたものがあって、前々から聞いてみたいと思っていました。
どうして、金気があるものを舐めたいのか、そのあたりの描写をどうするのかというところがこの噺の眼目になると思いますが、喬太郎さんらしく料理されていて、満足しました。
夏泥
文左衛門さんは、初めてです。
こんな形で急にやることになったため、どうしようかといっていたら、客席のホウら、いくつかリクエストが飛んでいました。何かの縁だと思いますので、少し追手みたいと思います。
愛宕山
今日は、新作はなかったですね。この会は、古典が中心なのかな。
喬太郎さんで、愛宕山は初めて。一八の性格付けがおもしろかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/04/05花緑まつり 花緑落語「最後の一本」

公演名
花緑まつり 花緑落語「最後の一本」
会場
赤坂 RED THEATER
日時
2007年4月5日 19:00~
演目
野ざらし
柳家花緑
ミニトークショー
柳家花緑
加納幸和
最後の一本
柳家花緑
感想
野ざらし
枕が長すぎたようで、前半だけだったのが残念。今回は、「最後の一本」のための会なので、当然といえば当然。
ミニトークショー
日替わりで、ゲストを替えて行っているとのこと。今回の加納さんは花組芝居という劇団の演出・脚本・俳優をやっている人。
花緑さんが、客演したしたこととか、花組芝居で落語を行ったこととかから、落語と演劇の比較とかの話になって、興味深かったです。
最後の一本
花緑落語ということです。キャラメルボックスの脚本家である、真柴あずきの脚本による新作。
傑作だと思います。
主人公はホスト。筋の悪い借金をしてしまい、取り立てや匂われるうちに死んでしまうことがはなしの発端となります。天国に入る前に、現世での気になっていたことを、思い出せることができ設定。それの契機となるのが、マッチを擦ること。「マッチ売りの少女」ですね。
今まで関わってきた女性の主人公と分かれたあとの人生をみることで、噺が進んでいきます。しかし、最後の一本だけがすることができません。それは、今まで関わってきた女性の中で、最も気になっている女性の現在を知ることが怖いからでした。
という具合で、噺ができていますが、全体の結構としては人情噺となっています。物語として見ると、かなり大甘なストーリーになるのかもしれません。しかし、こと落語の形で聴くと、非常におもしろくなっています。物語進むにつれて、どんどんはなしに引き込まれていって、最後はうるッときてしまいました。
聞き終わって思ったことは、花緑さんと同時代に生まれ合わせてこれたとの幸せということです。このような落語の誕生に居合わせることができた幸運を感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/04/01 春風亭昇太独演会『昇太ムードデラックス』

公演名
春風亭昇太独演会『昇太ムードデラックス』
会場
本多劇場
日時
2007年4月1日 14:00~
演目
長短槍試合
神田山陽
長命
春風亭昇太
空に願いを
春風亭昇太
崇徳院
春風亭昇太
感想
長短槍試合
山陽さんは、一度じっくりと聞いてみたいですよね。
今日も、見台を自分で持ってきて、ぱっとやっと、また自分で持ち帰って、ぱっとみ破格な形ですが、基礎は確かだと感じます。
長命
自分でもいっていましたが、昇太さんにしては珍しい噺ですよね。
もう一つ隠居さんの思わせぶりな話し方が生きていなかったような。
空に願いを
新作です。雨乞いの一族という設定があって、一応の主人公は、小学生なのですが、そのおじいさんのキャラクタがやはりいいですよね。
昇太さんのおじいさんは、いつも一本抜けてて楽しいですね。
崇徳院
とんとんと調子よく、楽しく聞けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »