« 07/09/11 志の輔らくご ひとり大劇場 | トップページ | 07/09/21 立川談春 独演会 »

07/09/19 第一回 東京ミッドタウン能狂言 第一夜

公演名
第一回 東京ミッドタウン能狂言 第一夜
会場
東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン芝生広場
日時
2007年9月19日 19:00~
演目
三番三(さんばんそう)
三番三
茂山正邦
千歳
茂山茂
仁王(におう)
何某A
茂山千五郎
何某B
茂山千三郎
参詣人
丸石やすし
松本薫
茂山童司
佐々木千吉
茂山千之丞
蝸牛(かぎゅう)
山伏
野村萬斎
髙野和憲
太郎冠者
石田幸雄
感想

東京ミッドタウンははじめていきました。といっても芝生広場にしかいかなかったので、どういう具合になっているのかはわかりません。
雨が降りそうだったので心配だったのですが、何とか持ちました。曇りだったので、残暑も去ってくれて、気持ちいい風が吹いていて、虫の声が聞こえて、雰囲気は非常によかったです。

三番三
舞踊は苦手なのですが、少しずつなれてきていますね。
今回は、気持ちのいい野外で鑑賞できて、楽しめました。
仁王
参詣人のアドリブの請願が聞きどころ。茂山家の人たちの自然に出てくるおもしろさが感じられてよかったです。
蝸牛
和泉流の狂言は、ほとんど見ていないんですよね。特に、野村萬斎さんは、狂言以外の活動も盛んにされていて、そちらに(こちらが)気を取られて、なかなか狂言を見ることができていません。
今回は、お気に入りの「蝸牛」を見ることができて楽しめました。
萬斎さんの山伏は、厳めしさを表にだして、太郎冠者をからかうときとの差が強調されていて、「ああ、やはり茂山家とはちょっと違う感じだな」と思いました。

|

« 07/09/11 志の輔らくご ひとり大劇場 | トップページ | 07/09/21 立川談春 独演会 »

狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/09/19 第一回 東京ミッドタウン能狂言 第一夜:

« 07/09/11 志の輔らくご ひとり大劇場 | トップページ | 07/09/21 立川談春 独演会 »