« 07/09/21 立川談春 独演会 | トップページ | 07/10/11 花緑飛翔スペシャル Vol.5 柳家花緑独演会 »

07/09/24 SWAクリエイティブツアー

公演名
SWAクリエイティブツアー
会場
新宿明治安田生命ホール
日時
2007年9月24日 14:00~
演目
明日の朝焼け ~たかし、11さいから還暦まで~

三遊亭白鳥
春風亭昇太
林家彦いち
柳家喬太郎
感想

SWAははじめです。個々の人たちは見ていて、お気に入りなのでSWAをみることは念願でした。
今回は、今まで書いてきた複数の作品を一つの物語にするというものでした。「たかし」という人物の小学校の卒業式前日から、還暦を迎えるまでの物語です。

三遊亭白鳥
11歳の小学校卒業式前日のはなし。初恋の人への告白という、どう見ても、白鳥さんとは相いれないシチュエーションですが、今回の物語のもうひとりの主要登場人物である、おばさんが絡んではちゃめちゃな展開になります。
白鳥さんが演じるおバカな子供はやはりおもしろいですね。おばさんのキャラクターもしっかりと紹介できていました。
春風亭昇太
結婚後7年目のはなし。まだ新婚気分が残って、いちゃいちゃしているのを周りからおかしいといわれて、ぎくしゃくするところが描かれます。
ここでは、上司の部長のキャラクターが昇太さんらしくて楽しめました。
おばさんは、出てきません。
林家彦いち
中年の危機。亭主(たかし)はリストラの危機に陥り、奥さんは、大音量をあげる人、渋柿を投げてくる隣人などにあって、夫婦のコミニュケーションがとれなくなって、危機を迎えています。
そんな中、何の拍子か、猿かに合戦の登場人物(臼)になってしまい、それを通して、自分だけが苦しいのではなく、みんなが一所懸命に生きていることを悟ります。
彦一さんは、下手すると暗くなってしまいかねない、はなしをうまくこなしていました。
おばさんは、牛のくそ役で出て、重要な助言をしています。

柳家喬太郎
還暦の日に、赤ちゃんちゃんこを着せられて不機嫌になっているたかしからはなしが始まります。老人扱いが気に入らない様子。結局、初任給で買った背広を着て、外に飲みに行きます。
その後、大学時代からの友人と会って、想い出の詰まった背広を白線流しよろしく、隅田川に流す描写が挟まっていきます。
初老のサラリーマンをやると、喬太郎さんの独壇場ですね。センチメンタルな結末に向かって全体のはなしのまとめをやりのけます。
最後の最後で、おばさんが出てきて、はなしを締めくくります。

|

« 07/09/21 立川談春 独演会 | トップページ | 07/10/11 花緑飛翔スペシャル Vol.5 柳家花緑独演会 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/09/24 SWAクリエイティブツアー:

» 還暦祝ちゃんちゃんこ [還暦祝ちゃんちゃんこ]
還暦祝いとしては、昔から赤いちゃんちゃんこを贈るという風習がありました。これは還暦という言葉に「生ま... [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月) 00時14分

« 07/09/21 立川談春 独演会 | トップページ | 07/10/11 花緑飛翔スペシャル Vol.5 柳家花緑独演会 »