« 07/07/27 第一回 らくだ亭 | トップページ | 07/09/19 第一回 東京ミッドタウン能狂言 第一夜 »

07/09/11 志の輔らくご ひとり大劇場

公演名
志の輔らくご ひとり大劇場
会場
国立劇場 大ホール
日時
2007年9月11日 19:00~
演目
バールのようなもの
立川志の輔
八五郎出世
立川志の輔
仲入り
政談月の鏡
立川志の輔
感想

国立劇場の大ホールを使っての独演会です。開演前は、舞台中央に今日の公演名の垂れが出ていたのですが、好演かい枝と同時に回り舞台が回転して、高座が出てくる趣向で始まりました。
トリは、今では口演されていない円朝の人情者を取り上げていました。

バールのようなもの
初めて聴くものでした。演目名がわからなかったのでちょっと調べてみたら、清水義範原作のもののようです。
基本的に、根問い物のフォーマットにのせていました。
八五郎出世
談春さんがやったときは、妾馬といっていましたね。比較すると、談春さんのほうが、お母さんの演技がすごくいいんですよね。対して、志の輔さんは、大家さんがいいですね。
八五郎は、談春さんのほうが、江戸っ子らしさが出ているかな。
政談月の鏡
円朝作の本当は、人情噺らしいもののようです。まくらで、円朝のものとしては、今一つの出来であるといっていました。それを、落語にはあまりない「24」ばりのサスペンス物として演出できるのではということで、今日初めて演じるといっていました。
だいたい3~4組の登場人物のはなしが、はじめはバラバラに語られ、最後に町奉行がまとめ上げるといった構成で、この間やった、牡丹灯籠と同じような構成です。
もともとは、最初に毒酒を飲んで死んでしまう、小間物屋の女房、お梅の敵討ちが軸になるようなのですが、今回のものは、24と同じように、それぞれの登場人物の筋を同時進行的に描写していく趣向を取り入れていました。
これがすごくおもしろかったですね。落語なのかなといわれると、ちょっと考えてしまいますが、とにかくお話としてわくわくさせられました。

|

« 07/07/27 第一回 らくだ亭 | トップページ | 07/09/19 第一回 東京ミッドタウン能狂言 第一夜 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/09/11 志の輔らくご ひとり大劇場:

« 07/07/27 第一回 らくだ亭 | トップページ | 07/09/19 第一回 東京ミッドタウン能狂言 第一夜 »