« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

07/10/28 落語教育委員会 柳家喜多八・三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎 三人会

公演名
落語教育委員会 柳家喜多八・三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎 三人会
会場
なかの ZERO 小ホール
日時
2007年10月28日 14:00~
演目
コント
喜多八、歌武蔵、喬太郎
反対俥
三遊亭歌彦
禁酒番屋
柳家喬太郎
仲入り
煙草の火
三遊亭歌武蔵
宮戸川
柳家喜多八
感想

今度のコントは、喜多八さんが看護婦の格好出てきました。どこまで行くんでしょうね。

反対俥
歌彦さんははじめです。にふ亭寄席で見たことはありますが、なかなか元気があってよかったです。
禁酒番屋
二日連続で聞きました。きのうの談春さん  とはやはり違いました。なぜ禁酒番屋ができたのかの説明の順番が少し違うだけで、他のところはほとんど同じでした。なのに、どこか違うのが落語のおもしろさですね。喬太郎さんの酔っぱらいはおもしろいですよね。
煙草の火
初めて聴くものでした。何となくぴんとこなかったですね。
宮戸川
喜多八さんの宮戸川ははじめです。それで何となく感じたのは、前もそう思ったのですが、この噺は、おじさん夫婦のやりとりがおもしろいと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/10/27立川談春 独演会 「白談春 黒談春」 白談春 第3回

公演名
立川談春 独演会 「白談春 黒談春」 白談春 第3回
会場
紀伊國屋サザンシアター
日時
2007年10月27日 19:00~
演目
たらちね
立川こはる
狸の鯉
立川談春
禁酒番屋
立川談春
仲入り
影清
立川談春
感想

白談春は、今回でいったん終わりとのこと。来年は未定のようです。落語が初めてとか、談春がはじめてという狙いでしたが、そういうのは、2割程度だったとのこと。
巡り合わせが悪くて、黒談春が見れなくて、白談春ばかりだったので、そういうことはわかるような気がします。
今回も、全開と同じように、前座、二つ目、真打の噺をしていました。

たらちね
こはるさんは、談春さんの弟子のうちで、唯一の前座とのこと。固さはやはりありますが、ところどころクスリときました。
狸の鯉
狸さいなら何回か聞きましたが、狸の鯉は初めてです。これが前座噺なのは、狸という動物がででくるからとのこと。
談春さんが前座のときに、初めてつまずいたのが、狸の噺だったとのこと。狸をどう演じるかを教える様子を、談志師匠と五代目小さん師匠とでどう違うのかという噺が興味深かったですね。
禁酒番屋
酔っぱらいをどう見せるのかということで、二つ目の噺にあるのかな。
番屋の役人の酔いが段々、進んでいくところがさすがだなと思いました。
影清
盲人をどう表現するのか。
落語は、登場人物を演じるのではないとのことですが、じゃあ、結局どういうことなのかはよく分からなかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

07/10/11 花緑飛翔スペシャル Vol.5 柳家花緑独演会

公演名
花緑飛翔スペシャル Vol.5 柳家花緑独演会
会場
銀座ブロッサム中央会館
日時
2007年10月11日 19:00~
演目
二階ぞめき
柳家花緑
ピアノ演奏
ゲスト国府弘子
仲入り
笠碁
柳家花緑
感想

ゲストは、花緑さんのピアノのお師匠さんの国府弘子さんでした。ソロで1曲引いた後、花緑さんが参加。箱のような持ってきて、そこに座っていたのですが、いきなりそれを叩き始めました。 カホンという中南米の民族楽器とのことです。

二階ぞめき
この噺は、落語が聞く側の想像力に働きかける芸であることを示す、いい例ですね。
いつも聴くたびに、薄暗闇の中にある、物寂しい町を想像してしまいます。
笠碁
好きな噺の一つです。花緑さんで聞くのは初めてです。
以前、三三さんのと少し違う演出でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »