« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

07/12/16 柳亭市馬・三遊亭白鳥・柳家喬太郎 三人会 ~それぞれの“掛取り”

公演名
柳亭市馬・三遊亭白鳥・柳家喬太郎 ~それぞれの“掛取り”~
会場
国立劇場演芸場
日時
2007年12月16日 18:30~
演目
開口一番
柳亭市馬
三遊亭白鳥
柳家喬太郎
掛取り
柳家喬太郎
掛取り
三遊亭白鳥
掛取り
柳亭市馬
感想
開口一番
「それぞれの」シリーズは、今回で終わりだそうです。これまで、「時そば」、「長屋の花見」、「皿屋敷」ときたそうです。このなかでは、最初の「時そば」 だけを見ました。ほかのものも見たかったのですが、とれなかったり、タイミングがあわなかったりで、だめでした。
それでも、最初と最後が見れたので、よしとしましょう。
柳家喬太郎
掛取りは、借金取りの趣味に合わせて、のせて、返してしまうという噺ですが、喬太郎さんのは、自分の趣味に合わせて、非常に楽しめました。
最初は、落語好き、それもホール落語だけを見ている人。志ん朝や三喬など渋いところの物真似です。
二番目は、ウルトラマンです。掛取りをじゃミラに見立てます。
三番目は、芝居です。歌舞伎ではありません。つかこうへいです。どうも、「熱海殺人事件」をやったようですが、よく分かりませんでした。
四番目は、またまた落語です。今度は寄席落語。なのに、なぜか談志が出てきます。最後は、五街道雲助でしめました。
三遊亭白鳥
掛取りのはずなのに、なぜか舞台は、上野動物園。一応借金を背負っているラスカル-オスカルのアライグマ母娘がでてきますが、借り主は、パンダのやくざの親分で、コンドルの借金取りがあこぎな取り立てをします。それを助けるのが、豚の任侠という具合です。
一応、やくざ映画風の味付けがしていましたが、これのどこが、掛取りになっているのかがわかりません。
しかし、そういうのは全然かいけないのが、白鳥さんなのです。
柳亭市馬
オーソドックスなものでした。狂歌、歌舞伎芝居、相撲、けんかなど。
しかし、最後は、三橋美智也が出てきて、昭和歌謡で締めくくりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/12/11 林家たい平 独演会 たい平たっぷりナイト2~芝浜スペシャル~

公演名
林家たい平 独演会 たい平たっぷりナイト2~芝浜スペシャル~
会場
博品館劇場
日時
2007年12月11日 19:00~
演目
不動坊
林家たい平
ハンドベル
アテンボハンドベル リンガーズ
仲入り
スライドショー
 
芝浜
林家たい平
感想

銀座で2夜連続は初めてだとのこと。

不動坊
くすぐりは少なめで、軽く演じていました。
ハンドベル
東中野の教会で演奏していたのを聞いて、みんなに紹介したいとのことで、2夜のうち、今日だけ演奏していただいたということです。
こういうのはあることは知っていましたが、生で聞くことはほとんどないです。
非常にきれいで、よかったですね。
芝浜
年末はやはりこれを聞かないと。もう完全に年末モードにはいってしまって、仕事をする気がなくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »