« 08/03/25 第五回 黒談春 | トップページ | 08/04/9 春の正蔵 其の三 »

08/03/27 三遊亭白鳥 独演会 「白鳥アドベンチャー」

公演名
三遊亭白鳥 独演会 「白鳥アドベンチャー」
会場
博品館劇場
日時
2008年3月27日 19:00~
演目
大山椒魚の恩返し
三遊亭白鳥
ねずみ ~萩の月の由来~
三遊亭白鳥
仲入り
漫才
昭和のいる・こいる
明烏
三遊亭白鳥
感想

大山椒魚の恩返し
今日は、古典落語のしばりのはずですが、最初は、軽く新作で席を温める感じです。
むかしやって受けなかったとのことですが、そこそこおもしろかったです。
ねずみ ~萩の月の由来~
「萩の月の由来」てなんだよという感じですよね。枕で、萩の月がどれだけおいしいかという話を振っておいて、話の途中で、宿の主人が、タンポポで作った饅頭で甚五郎をもてなす様子を入れている以外は、ごく普通にねずみを演じます。くすぐりも控えめでした。
ねずみが、「あれは、猫でなく虎だったのか」という落ちで終わらずに、虎の置物が、ねずみを追いかけて、グルグル回ってバターになってしまい(ちび黒サンボですね)、それを使って、萩の月を作ったという落ちに持っていきました。
漫才
昭和のいる・こいる師匠の漫才をはじめて、生で見ました。独演会の客演ということで、比較的長めで、堪能しました。
明烏
白鳥さんが、素直に明烏を演じません。
うぶな若旦那は、じつは遊び好きだった、という転換させます。それがばれると、勘当されるので、猫をかぶっています。ちまちまためた小遣いであそぶしかないし、吉原では、かおばれしてしまうので、場末でしかあそべません。
という感じで始まって、二人の遊び人のうち多助を、若旦那の遊び仲間にして、源助と父親のからみを利用して、吉原に乗り込みます。
普通の明烏では、茶屋の中で芝居がばれますが、白鳥版では、見世の花魁はじめ主人までのって、芝居を続けます。それも歌舞伎仕立てでは、だめだということで、以前、えげれす人に聞いたという話を使おうとなります。この話というのが、ロミオとジュリエットです。
とにかく、非常におもしろかったです。最後はうっかり人情噺みたいになっていましたよ。

|

« 08/03/25 第五回 黒談春 | トップページ | 08/04/9 春の正蔵 其の三 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/03/27 三遊亭白鳥 独演会 「白鳥アドベンチャー」:

« 08/03/25 第五回 黒談春 | トップページ | 08/04/9 春の正蔵 其の三 »