« 04/04/26 春狂言2008 | トップページ | 10/03/12 鈴本中席昼の部 »

08/04/27 春狂言2008

公演名
春狂言 2008
会場
国立能楽堂
日時
2008年4月27日 14:00~
演目
鶏婿(にわとりむこ)
茂山千五郎
太郎冠者
茂山逸平
婿
茂山正邦
何某
茂山あきら
地謡
茂山七五三
茂山茂
茂山童司
増田浩紀
縄綯(なわない)
茂山童司
太郎冠者
茂山千之丞
何某
茂山逸平
がたろう
釣り人
丸石やすし
茂山あきら
茂山茂
がたろう
茂山七五三
感想
鶏婿
婿に入る正直な男が、だまされて、婿入りの作法として、にわとりのまねをしてしまうお話。 正邦さんの思い切りがいい、にわとりの物真似が、非常にダイナミックで、よかったですね。 そして、千五郎さんとの掛け合いが、絶妙でした。
縄綯
千之丞さんの太郎冠者の、モノローグがいいですね。愛嬌のある太郎冠者が楽しかったです。
がたろう
新作狂言だとのことです。話自体は、うまくできていたし、楽しめました。 しかし、普通の狂言とは、やはり少し違う感じがしたのは、否めません。どことなく、筋立てがうまく進む過ぎるきらいがある樣な感じです。これは、落語の新作を聞いたときには、それほど感じないのと、対照的かなと思いました。なぜなんでしょうね。

|

« 04/04/26 春狂言2008 | トップページ | 10/03/12 鈴本中席昼の部 »

狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/04/27 春狂言2008:

« 04/04/26 春狂言2008 | トップページ | 10/03/12 鈴本中席昼の部 »