« 08/04/9 春の正蔵 其の三 | トップページ | 08/04/19 噺小屋 featuring 扇遊、鯉昇&喜多八 落語睦会~春風のゼントルマン~ »

08/04/19 三遊亭圓歌 一門会

公演名
三遊亭圓歌 一門会
会場
よみうりホール
日時
2008年4月19日 13:00~
演目
電報違い
三遊亭あし歌
長短
三遊亭歌武蔵
B型人間
三遊亭歌之介
仲入り
西行
三遊亭歌る多
品川心中
三遊亭圓歌
感想

電報違い
あし歌さんは初めてです。話は新作ものでした。新作といっても、舞台が明治の終わりくらいかな。デンボウが物珍しい時代の話です。
シンタという名前の主人公が、出先に同行した旦那に命じられて、帰りが遅くなる旨電報で知らせるのに、どうしても自分の名前を入れてほしくて、文面が「ダンナカエレユ シンタ」となってしまいます。
たまたま、乗るはずであった電車が、事故になり、主人が事故に巻き込まれたのではないかと、心配しているところに、上記の電報が届いたため、大騒ぎになるというすじです。
多少理に勝ちすぎると思いますが、あし歌さんの話が、明るく楽しめました。
長短
気の長いひとときの短い人との会話のすれ違いを楽しむ噺ですね。
気の長い人がおもしろくてよかったです。歌武蔵さんのでみると、この噺がしぐさ噺だということがわかりますね。
B型人間
一応、題がついていますが、どちらかというと、漫談に近いものですね。
歌之介さんは、初めてですが、なかなかおもしろかったです。にぎやかな舞台でした。
西行
歌る多さんもはじめです。今回は、地噺でしたが、もっといろいろなものを聞きたいと思いました。
品川心中
圓歌さんの古典は初めてかもしれません。中沢家の人々は、何回か聞いたことはあるのですが。
今日は、品川心中を最後まで聞けて、楽しめました。

|

« 08/04/9 春の正蔵 其の三 | トップページ | 08/04/19 噺小屋 featuring 扇遊、鯉昇&喜多八 落語睦会~春風のゼントルマン~ »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/04/19 三遊亭圓歌 一門会:

« 08/04/9 春の正蔵 其の三 | トップページ | 08/04/19 噺小屋 featuring 扇遊、鯉昇&喜多八 落語睦会~春風のゼントルマン~ »