« 10/03/12 鈴本中席昼の部 | トップページ | 10/03/15 古今亭志ん輔独演会 »

10/03/14 新文芸坐落語会

公演名 新文芸坐落語会
日時 2010年3月14日 19:00~
場所 池袋 新文芸坐

・持参金/立川談大
・粗忽の釘/柳家甚語楼
・禁酒番屋/桃月庵白酒
仲入り
・カマ手本忠臣蔵/柳家喬太郎

白酒さんの「禁酒番屋」。白酒さんをちゃんと聞くのは初めて。細かい入れごとがはまって楽しかった。前座のころ文芸坐の「応用落語」にでて、そこで受けた円丈さんのダメだしが未だにトラウマになっていると述懐していました。

喬太郎さんの「カマ手本忠臣蔵」。今日は松の廊下があった日なんですね。浅野内匠頭がおカマで、吉良との刃傷沙汰は痴情のもつれで、四十七士の仇討ちの動機は、主君への‘愛'という噺。大昔の筒井康隆ばりの筋運びで最後までドキドキした。

|

« 10/03/12 鈴本中席昼の部 | トップページ | 10/03/15 古今亭志ん輔独演会 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/03/14 新文芸坐落語会:

« 10/03/12 鈴本中席昼の部 | トップページ | 10/03/15 古今亭志ん輔独演会 »