« 10/03/15 古今亭志ん輔独演会 | トップページ | 10/03/17 立川志らく独演会 »

10/03/16 我らの時代、落語アルデンテ

公演名
我らの時代、落語アルデンテ
日時
2010年3月16日 19:30~
場所
なかのZERO小ホール

  • 寿限無/柳家花いち
  • あくび指南/春風亭一之輔
  • 愛に喩えて/春風亭百栄
  • 仲入り
  • 近日息子/三遊亭兼好
  • 花見の仇討ち/桃月庵白酒

花いちさんは、予定が無かったのに、どうせならということで開演10分前に上がって、客席がざわついている中、一所懸命に頑張っていました。最後の方におばあさんが出てくる演出は初めて聞きました。

一之輔さんのあくび指南は、始めばお師匠さんが女性だと勘違いして、男と分かってやる気を無くした主人公の八つ当たりに、苛つくお師匠さんがおかしかった。

百栄さんの愛に喩えては、初めて聞く噺。カップルが互いに相手をどれだけ愛しているのかを、競馬のレース展開とか相撲の技とか、突拍子もない喩えを展開していく噺。会話がどんどん袋小路に追い込まれていく様子がおかしい。

兼好さんは初めて。他の三人に伍する個性を感じた。長屋の連中のキャラクターの描き分けが鮮やかで大笑いしました。

白酒さんの花見の仇討ちは、仇討ち兄弟のへっぽこぷりが笑えました。

|

« 10/03/15 古今亭志ん輔独演会 | トップページ | 10/03/17 立川志らく独演会 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/03/16 我らの時代、落語アルデンテ:

« 10/03/15 古今亭志ん輔独演会 | トップページ | 10/03/17 立川志らく独演会 »