« 10/04/08 CKB cafe ~朝太・喬之進・ぼたん 三人会~ | トップページ | 10/04/11 おみかん落語 つくし、笑助、きつつき 三人会 »

10/04/10 林家たい平・柳家喬太郎 二人会

公演名
林家たい平・柳家喬太郎 二人会
会場
THEATRE 1010
日時
2010年4月10日 13:00~
一目上がり
春風亭昇吉
花見小僧(おせつ徳三郎・上)
林家たい平
仲入り
刀屋(おせつ徳三郎・下)
柳家喬太郎
午後の保健室
柳家喬太郎

一目上がりは久しぶり。昇吉さんは、いろいろ似たようなキャラクターを演じ分ける必要がある噺を、なんとか演じきっていました。

たい平さんの花見小僧に、喬太郎さんの刀屋と続けば、当然、おせつ徳三郎を通しでやる企画だと思いました。しかし、喬太郎さんによれば、たい平さんの花見小僧を受けて、用意していたものを急に変えたとのこと。
そういえば、たい平さんの花見小僧は、ばあやの描写のおかしさをエスカレートさせていったり、完全に滑稽噺に持っていったのに対して、喬太郎さんの刀屋は、人情噺そのものであり、終りの方は、観客席が静まりかえっていました。つまり、前半と後半のトーンが完全に違っていました。
これがあるから、落語会は面白いですね。たい平さんは季節にあった話を選んだろうし、それなりの落ちを付けて完結させていたので、通しでやるとは思っていなかったと思います。喬太郎さんは、それを受けて、下をやることにしたんだろうと思います。

午後の保健室は、初めてじゃないかな。これは面白い話ですね。youtubeに上がっているようなので、短い噺なので、未見の方は検索してみたらどうでしょうか。
落語でしか表現できない構造をしていて、ある意味メタ落語というものです。感触としては、70〜80年代のショートショートに似たものを感じます。

|

« 10/04/08 CKB cafe ~朝太・喬之進・ぼたん 三人会~ | トップページ | 10/04/11 おみかん落語 つくし、笑助、きつつき 三人会 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/04/10 林家たい平・柳家喬太郎 二人会:

« 10/04/08 CKB cafe ~朝太・喬之進・ぼたん 三人会~ | トップページ | 10/04/11 おみかん落語 つくし、笑助、きつつき 三人会 »