« 10/04/18 春狂言2010 | トップページ | 10/04/22 池袋演芸場 四月下席 昼の部 »

10/04/21 らくご@座・高円寺〜2010春うらら公演〜 白鳥・三三両極端の会vol・2

公演名
らくご@座・高円寺〜2010春うらら公演〜 白鳥・三三両極端の会vol・2
会場
座・高円寺
日時
2010年4月21日 19:00~
両極端トーク
三三・白鳥
鰍沢
柳家三三
仲入り
中村仲蔵あるいは
淀五郎のようなもの(仮)

→聖橋
三遊亭白鳥

 

対談はガキ使形式で、白鳥さんが、お客様の落語界の疑問に答える体。圓生襲名問題、小三治落語協会会長就任、落語界改革について熱く?語っていました。

三三さんは、がくーと落ち込んだところで白鳥さんに渡しますと「鰍沢」。オペラグラスで表情の細かいところを観ていると最後の場面が臨場感たっぷりで楽し かった。

白鳥さんは、柳家ミミシリーズの新作のネタ下ろし。題名未定で上に書いたのは、仮のもの。ミミちゃん(♂)は売れない古典一筋の噺家。ひょんなことから、ダンシ師匠と文七元結をリレー 口演することになる。
文七の身投げ演出に悩んでいる時に、天狗になって破門され身投げをしようとしたハクチョウーさんにであって、開眼したとういう筋。
とにかく落語界のいろいろな人が出てきて、最初から最後まで、笑い続けでした。

最後に、三三さんが再び出てきて、軽くトーク。白鳥さんが、三三さんに「あんなに笑いをとらないで、よく我慢できるね」と感心しきり。
ミミちゃんシリーズは三三さんとの会でしかできないなとも。今後もこの会が続いて欲しいと思いました。

※twitterで白鳥さんが新作の題名をつぶやいていたので、変更しておきました。(10/04/23)

|

« 10/04/18 春狂言2010 | トップページ | 10/04/22 池袋演芸場 四月下席 昼の部 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/04/21 らくご@座・高円寺〜2010春うらら公演〜 白鳥・三三両極端の会vol・2:

« 10/04/18 春狂言2010 | トップページ | 10/04/22 池袋演芸場 四月下席 昼の部 »