« 「江戸の坂」散歩 市谷柳町〜西早稲田コース #sanpo | トップページ | 10/05/16 千住落語会 東西"豪華男前"競演 #rakugo »

10/05/15 茂山千五郎家「江東狂言の会」薪狂言 #kyogen


公演名

茂山千五郎家「江東狂言の会」薪狂言

会場

江東区文化センター中庭特設会場

日時

2010年5月15日 19:00~


萩大名(はぎだいみょう)



大名

茂山千五郎

太郎冠者

井口竜也

庭の亭主

茂山千三郎



独吟「細雪」




茂山千作



千鳥



太郎冠者

茂山宗彦

主人

丸石やすし

酒屋の亭主

茂山七五三



首引(くびひき)



親鬼

茂山正邦

鎮西

茂山逸平

姫鬼

茂山茂

眷属鬼

丸山やすし

鈴木実

区民参加数名



江東狂言の会は毎年行っている会のようです。今年は、例年になく天気に恵まれたとのこと。去年まで、雨にたたられたので、てるてる坊主を応募して、優秀作の表彰を行っていました。

会の前に、こども能楽囃子の発表会もやっていて、江東区は伝統芸能に力を入れているようです。

萩大名は、有名な演目ですが初見でした。落ちまである非常に落語的な話でした。千五郎さんのおとぼけぶりが、楽しかったです。

細雪は、谷崎潤一郎本人が先代の千作のために作詞したものに、現・千之丞が作曲、先代・千作が型付けした小舞。今回は、当代の千作さんが謡だけを吟じました。非常にしっかりした謡で堪能しました。

千鳥は、この前の春狂言では、沈んでしまったので、今日は頑張りました。面白かったですね。

首引も滑稽話な演目。親鬼の親馬鹿ぶり、鎮西に簡単に丸込められてしまう人(鬼?)のいい感じを、正邦さんが巧みに表現していました。茂さんも、姫鬼のわがままな娘ぶりをかわいらしく演じていてよかったですね。

眷属鬼に区民の方が参加していられて、江東区の力の入れようがうかがわれます。

|

« 「江戸の坂」散歩 市谷柳町〜西早稲田コース #sanpo | トップページ | 10/05/16 千住落語会 東西"豪華男前"競演 #rakugo »

狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/05/15 茂山千五郎家「江東狂言の会」薪狂言 #kyogen:

« 「江戸の坂」散歩 市谷柳町〜西早稲田コース #sanpo | トップページ | 10/05/16 千住落語会 東西"豪華男前"競演 #rakugo »