« 10/09/07 らくごカフェに火曜会、菊六、天どん #rakugo | トップページ | 10/09/10 いちのすけえん 秋の段 #rakugo »

10/09/08 狂言ござる乃座 44th #kyogen


公演名

狂言ござる乃座 44th

会場

宝生能楽堂

日時

2010年9月8日 19:00~


盆山(ぼんさん)



盗人

野村裕基郎

何某

野村万之介



鐘の音(かねのね)



太郎冠者

野村万作


竹山悠樹



合柿(あわせがき)



柿売

野村萬斎

参詣人

石田幸雄

月崎晴夫

野村遼太

中村修一

時田光洋

岡聡史



小舞「八島 後」




野村裕基



小舞「名取川」




野村遼太



呼声



太郎冠者

野村萬斎


深田博治

次郎冠者

高野和憲



盆山、小品ながら狂言らしいおかしみがある。裕基さんは、萬斎さんのお子さんだとの事。小学生の高学年くらいかな。こういう具合に伝承されるのですね。

鐘の音、声色一つで色々な景色を描出させる力が必要。万作さんの描写力は流石。

細雪は、谷崎潤一郎本人が先代の千作のために作詞したものに、現・千之丞が作曲、先代・千作が型付けした小舞。今回は、当代の千作さんが謡だけを吟じました。非常にしっかりした謡で堪能しました。

合柿、初めての曲。萬斎さんは、顔の表情で物語る。

呼声、最後の躍り節はテンポがあがっていく。三人が息がピッタリと合って、非常に心地よかった。

|

« 10/09/07 らくごカフェに火曜会、菊六、天どん #rakugo | トップページ | 10/09/10 いちのすけえん 秋の段 #rakugo »

狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/09/08 狂言ござる乃座 44th #kyogen:

« 10/09/07 らくごカフェに火曜会、菊六、天どん #rakugo | トップページ | 10/09/10 いちのすけえん 秋の段 #rakugo »