« 10/09/20 民音落語会 新作と古典 夢の競演 #rakugo | トップページ | 10/09/22 花緑ごのみ vol.27 #rakugo »

10/09/21 鯉昇、喬太郎二人会「古典こもり その五 銀座編」 #rakugo

公演名
鯉昇、喬太郎二人会「古典こもり その五 銀座編」
会場
博品館劇場
日時
2010年9月21日 19:00~
子ほめ
春風亭昇也
小政の生い立ち
柳家喬太郎
佃祭
瀧川鯉昇
仲入り
蒟蒻問答
瀧川鯉昇
そば清
柳家喬太郎

喬太郎さんの小政の生い立ち、講談ネタの時の喬太郎さんは、何となく志の輔さんと同じ感じを受けました。なぜだろう。
そば清はすごかった。そばをすする場面に、ハメモノを入れて、リズム良く軽快に明るく笑わせる。一転、下げは、みんなの前で草を食べるものに。つまり、体が溶けて行く場面を描写する怪談仕立てに。そばも残らなかった。

鯉昇さんの佃祭、演目自体が初めて。TL上でちらちら見ていて、聞きたいと思っていたもの。聞いてみたら、落語らしい噺で、鯉昇さんの人に合っていて楽しかった。
蒟蒻問答は、小学生の時にテレビで小三治さんで聞いて以来、お気に入りの演目。鯉昇さんのテンポが良くて、引き込まれた。

|

« 10/09/20 民音落語会 新作と古典 夢の競演 #rakugo | トップページ | 10/09/22 花緑ごのみ vol.27 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/09/21 鯉昇、喬太郎二人会「古典こもり その五 銀座編」 #rakugo:

« 10/09/20 民音落語会 新作と古典 夢の競演 #rakugo | トップページ | 10/09/22 花緑ごのみ vol.27 #rakugo »