« 10/09/30 野村狂言座 #kyogen | トップページ | 10/10/02 「江戸の坂」散歩 代々木〜上原コース #sanpo »

10/10/01 「Woman’s落語会-vol.1」-女性落語家躍進プロジェクトby白鳥 #rakugo

公演名
「Woman’s落語会-vol.1」-女性落語家躍進プロジェクトby白鳥
会場
日本橋社会教育会館
日時
2010年10月1日 19:00~
トーク
白鳥、こみち
プロレス少女伝説
古今亭ちよりん
新婚妄想曲
三遊亭白鳥
仲入り
トーク
白鳥、ちよりん
白鳥版 明烏
柳亭こみち

女性落語家に、女性ならではの活躍をと、白鳥さんがプロデュースする落語界の一回目。
具体的には、女性誌が主人公の新作をちよりんさんに、郭噺を女性目線で書き直したものをこみちさんにやってもらうもの。

白鳥さんは、先週、SWAでネタおろししたばかりの、新婚妄想曲を。
出だしこそ間違えてしまいましたが、少し整理されて、大笑いしました。

ちよりんさんのプロレス少女伝説、かわいらしい女子プロレスラーの仕草が絶妙。一転、座布団を使ったバックドロップは迫力満点。ニンにあった噺だと思いました。
トークでは、白鳥さんが引くほど、ぶっちゃけていました。

こみちさんの白鳥版 明烏、今日一番の収穫でした。時次郎を花魁の部屋に放り込んだおばさんを狂言回しにして、明烏を女性目線で語り直します。
はじめに、吉原での女性の階級が、禿から始まり、新造となってお客を取るようになり、花魁となれば、部屋をもらえるようになる。そこまでになるには、大名、大店の主人を相手にするために、教養も磨かかなければならないことを説明します。
白眉は若旦那が花魁・浦里と、どう夜を過ごしたのか。
花魁を汚らわしいと駄々をこねる、時次郎に対して、浦里は、幼い禿が、貧乏百姓の子供で、幼い兄弟のために自分で吉原に入ったこと、自分の武士の堅物な父親が、筋を通すために、腹を切り、ショックを受け病気になった母親ために、身を沈めたことを打ち明けます。
このことに、本だけではわからないことがあることに、気がついた若旦那は、自然と浦里と同衾するようになります。
このように、女性視点から吉原を見るといる構成になっていて、こみちさんのしっかりと古典を語る力に支えられて、説得力を持って語られます。
白鳥さん独自のくすぐりを整理して今後もやって欲しいと思いました。

この会には、是非とも続けてもらいたいと思います。

|

« 10/09/30 野村狂言座 #kyogen | トップページ | 10/10/02 「江戸の坂」散歩 代々木〜上原コース #sanpo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/10/01 「Woman’s落語会-vol.1」-女性落語家躍進プロジェクトby白鳥 #rakugo:

« 10/09/30 野村狂言座 #kyogen | トップページ | 10/10/02 「江戸の坂」散歩 代々木〜上原コース #sanpo »