« 10/11/15 柳家小三治独演会 #rakugo | トップページ | 10/11/17 長講三人の会〜さん喬・市馬・桃太郎〜 #rakugo »

10/11/16 喜多八、喬太郎、桃太郎 三人会 #rakugo

公演名
喜多八、喬太郎、桃太郎 三人会
会場
練馬文化センター 小ホール
日時
2010年11月17日 19:00~
金明竹
春風亭吉好
罪と罰
昔昔亭A太郎
カラオケ病院
昔昔亭桃太郎
転宅
柳家喬太郎
仲入り
紙切り(舞妓、酉の市、兎、歌丸師、お客さん)
林家花
.
明烏
柳家喜多八

A太郎さん、初めて。二つ目になったばかりなのに、なかなか落ち着いていた。さわやかに毒を吐く雰囲気あり。
ネタは、長電話に夢中になっている主婦のところに、強盗が入るが、包丁の押し売りとしか思わない。強盗もそれに巻き込まれて、料理を作るはめになってしまうもの。演目名は、電話の中で、罪と罰を読んだとする漠然とした感想から。

桃太郎さん、円楽一門の芸協合同について言及。柳昇師匠のことを思えば反対であると。
圓生師が芸協を毛嫌いしていたらしく、かつて、圓生師にアマチュア呼ばわりされたことに反発した柳昇師が、圓生師のことを最期まで呼び捨てにしていた。なので、一遍に多数の圓生師の弟子が芸協に入ることはとうてい考えられないこと。

新作が二本続いたので、古典をと転宅へ。泥棒はかなりお調子者。後半のタバコ屋のオヤジがちょいエキセントリック。

紙切りの花さんは初めて。落語史上初の女性の紙切りとのこと。パンフによれば一昨年、前座から上がったばかり。初々しかったですね。お客さんを上げて似顔を切っていたのが新鮮でした。

喜多八さんは落語会での代演なのに、そのことはあっさりとかわして、自分の噺に引き込んでいました。たっぷりの明烏、堪能しました。

|

« 10/11/15 柳家小三治独演会 #rakugo | トップページ | 10/11/17 長講三人の会〜さん喬・市馬・桃太郎〜 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/11/16 喜多八、喬太郎、桃太郎 三人会 #rakugo:

« 10/11/15 柳家小三治独演会 #rakugo | トップページ | 10/11/17 長講三人の会〜さん喬・市馬・桃太郎〜 #rakugo »