« 10/11/21 TEN寄席 志ん八、ろべえ、馬るこ #rakugo | トップページ | 10/11/23 真柴あずきプレゼンツ 落語においでよ。柳家三之助独演会 #rakugo »

10/11/22 一之輔・夢吉二人会 夢一夜 #rakugo

公演名
一之輔・夢吉二人会 夢一夜
会場
日本橋社会教育会館
日時
2010/11/22 18:45~
雑俳
桂翔丸
強情灸
三笑亭夢吉
天災
春風亭一之輔
仲入り
尻餅
春風亭一之輔
突きおとし
三笑亭夢吉

翔丸さんは初めてかな。つかえながらもしっかり雑俳をやっていました。夢吉さんが、一之輔さんと、雑俳は協会の前座はやらないよねと話題にしていたそうです。芸協ではよくかけているそうです。そういえば、昇太さんも前座噺の会でやっていました。

夢吉さんは初めてです。しっかりしていて、楽しめました。強情灸では、灸を据える人が、ちょっとエキセントリックで笑いました。サゲも独自のものを付けていました。
突きおとしは、聞くのは二回目くらいかな。非常に馬鹿らしい噺で、楽しめました。

一之輔さんの天災は、八五郎が紅羅坊先生に言い負かさられるときに、ふと考えるときの表情が可笑しい。
掛売りの枕が振られたのでもしかして、掛取りかなと思ったら、初めて聞く尻餅でした。貧乏で餅つきができないので、振りだけでもしようと、声色を使って餅つき衆が訪れるところから初めて、餅をつく段になって、音が出ないとおかしいということで、女房の尻をたたく噺。なんか聞いたことがあるなと思ったら、コミックの寄席芸人伝に出てきたエピソードでした。一之輔さんが、尻をたたく所作を本当に楽しそうにやっていました。

|

« 10/11/21 TEN寄席 志ん八、ろべえ、馬るこ #rakugo | トップページ | 10/11/23 真柴あずきプレゼンツ 落語においでよ。柳家三之助独演会 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/11/22 一之輔・夢吉二人会 夢一夜 #rakugo:

« 10/11/21 TEN寄席 志ん八、ろべえ、馬るこ #rakugo | トップページ | 10/11/23 真柴あずきプレゼンツ 落語においでよ。柳家三之助独演会 #rakugo »