« 10/11/28 柳家一琴「根多おろしの会」 #rakugo | トップページ | 10/11/30 第6回 平成特選寄席 #rakugo »

2010/11/29 第五五一回 紀伊国屋寄席 #rakugo

公演名
第五五一回 紀伊国屋寄席
会場
紀伊国屋ホール
日時
2010年11月29日 18:30~
子ほめ
古今亭きょう介
真田小僧
入船亭遊一
やかんなめ
林家木久蔵
貧乏神
鈴々舎馬桜
仲入り
穴どろ
入船亭扇遊
夢金
五街道雲助

やかんなめは、もしかしたら初見。木久蔵さんのは少し覚束ないながらも、やかん頭の侍がなかなかチャーミング。

馬桜さんの貧乏神、貧乏神を追い出すために下座さんを含んだ長屋の衆にご陽気にして、追い出す算段。だから、音曲が入って賑やかな高座。
踊りに始まり、居合わせた二つ目の新潟さんの小噺は不発に。役者(??、團十郎、玉三郎)、噺家(談志、圓生)の声色は絶品、都々逸は、遊一さんも参加して沈没、下座さんはさすがの艶っぽさ、かっぽれでお開き。ひとり寄席を堪能しました。

扇遊さんの穴どろの酔っ払いがかわいらしかったですね。

お目当ての雲助さんの夢金、笑のないサスペンスフルな噺を、船頭と侍を、きっちり描き分けて、グイグイと引き込まれました。メビウスの輪のような夢落ちも余韻深く。

|

« 10/11/28 柳家一琴「根多おろしの会」 #rakugo | トップページ | 10/11/30 第6回 平成特選寄席 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010/11/29 第五五一回 紀伊国屋寄席 #rakugo:

« 10/11/28 柳家一琴「根多おろしの会」 #rakugo | トップページ | 10/11/30 第6回 平成特選寄席 #rakugo »