« 11/02/07 春風亭昇太プロデュース 下北沢演芸祭2011「柳家花緑おぼっちゃんスタイル!」 #rakugo | トップページ | 11/02/10 第2回 赤坂BLITZ 寄席LIVE #rakugo »

11/02/09 春風亭昇太プロデュース 下北沢演芸祭2011「本多亭 #rakugo

公演名
春風亭昇太プロデュース 下北沢演芸祭2011「本多亭」
会場
本多劇場
日時
2011年2月9日 19:00~
のめる
三笑亭夢吉
愛宕川(愛宕山カナダ編)
林家彦いち
茶の湯
春風亭昇太
脱線音楽(ネタ棚卸し あ〜け)
ポカスカジャン
仲入り
双蝶々〜定吉殺し
柳家喬太郎
山号寺号〜歌 豪商一代紀伊国屋文左衛門
柳亭市馬

夢吉さんは芸協の二つ目で唯一知っている人です。一之輔さんとの二人会で知りました。かっちりと開口一番を務めていました。

彦いちさんの愛宕川は、愛宕山をユーコン川に置き換えたもの。愛宕山の粗筋紹介で始めたので、昇太さんの愛宕山アフターかなと予想していたら、ユーコン川の川下りに。土器投げは金の弾丸の拳銃撃ちになり、一八はシャケの背中に乗って帰ってきます。

ポカスカジャンは、数あるネタの中からあいうえお順に、あ〜けまでを披露。 アリスの少女ハイジ/犬の五木のおまわりさん/うどん屋ジャズ/絵描き歌/大伴家持アフリカン/監獄ロック/北島三郎ビーチボーイズ/グレープF1精霊流し/傑作レットイットビーかくれんぼ。

仲入り明け、喬太郎さんは枕もなしに、双蝶々へ。定吉を殺したところで終わって場を凍結。そこにシークレットゲストの市馬さんが山号寺号でほぐして、紀伊国屋文左衛門で締めてくれた。終わってみれば、バラエティに富んだ贅沢な寄席だった。

配布チラシ

|

« 11/02/07 春風亭昇太プロデュース 下北沢演芸祭2011「柳家花緑おぼっちゃんスタイル!」 #rakugo | トップページ | 11/02/10 第2回 赤坂BLITZ 寄席LIVE #rakugo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/02/09 春風亭昇太プロデュース 下北沢演芸祭2011「本多亭 #rakugo:

« 11/02/07 春風亭昇太プロデュース 下北沢演芸祭2011「柳家花緑おぼっちゃんスタイル!」 #rakugo | トップページ | 11/02/10 第2回 赤坂BLITZ 寄席LIVE #rakugo »