« 11/03/26 柳家三三で北村薫。〜<円紫さんと私>シリーズより<昼の部> #rakugo | トップページ | 11/03/27 「江戸の坂」散歩、住吉町〜新宿コース #sanpo »

11/03/26 柳家三三で北村薫。〜<円紫さんと私>シリーズより<夜の部> #rakugo

公演名
柳家三三で北村薫。〜<円紫さんと私>シリーズより<夜の部>
会場
草月ホール
日時
2011年3月26日 17:00~
空飛ぶ馬<前編>
柳家三三
三味線栗毛
柳家三三
仲入り
空飛ぶ馬<後編>
柳家三三
トーク
北村薫・三三

北村薫の<円紫さんと私>シリーズから、空飛ぶ馬とそこで円紫さんが演じるタイミングで、スーツ姿から着物に着替えて、円紫さんの演出の型で三味線栗毛を口演し、仲入りを挟んで、後編を演じました。

夜の部は小説部分と落語がより密接に関わった形。空飛ぶ馬は、 女性三人の描き分けがよかった。江美ちゃんのおっとり具合が絶妙。ラストの雪景色の描写には涙が出てしまった。

空飛ぶ馬を読んで以来どうしても聞きたかった円紫さんの三味線栗毛が聞けました。三三さんはいつもは錦木が死ぬ型とのこと。この型では聞いたことがありません。
通常、「バチが当たるは」と突き放したセリフで下げるのを、円紫さん(=北村薫)が、「バチが当たるか」と、ふわりとかわす下げに変えるのが、この原作の世界を象徴します。これをすんなりと表現できるのが三三さんの力だと思いました。

パンフレット

配布チラシ 

|

« 11/03/26 柳家三三で北村薫。〜<円紫さんと私>シリーズより<昼の部> #rakugo | トップページ | 11/03/27 「江戸の坂」散歩、住吉町〜新宿コース #sanpo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/03/26 柳家三三で北村薫。〜<円紫さんと私>シリーズより<夜の部> #rakugo:

« 11/03/26 柳家三三で北村薫。〜<円紫さんと私>シリーズより<昼の部> #rakugo | トップページ | 11/03/27 「江戸の坂」散歩、住吉町〜新宿コース #sanpo »