« 11/05/01 「江戸の坂」散歩、麹町〜番町コース #sanpo | トップページ | 11/05/03 ときめき砂絵落語関連メモ #rakugo »

11/05/01 春狂言2011 東京公演 #kyogen

公演名
春狂言2011 東京公演
会場
国立能楽堂
日時
2011年5月1日 13:30~
佐渡狐(さどぎつね)
越後のお百姓
茂山童司
佐渡のお百姓
茂山逸平
奏者
茂山千三郎
二九十八(にくじゅうはち)
茂山あきら
夢想の女
茂山宗彦
靭猿(うつぼざる)
大名
茂山七五三
太郎冠者
増田浩紀
猿曳
茂山茂
茂山莢

佐渡狐、逸平さんと千三郎さんの掛合いの間がぴったりと合って絶妙でした。

二九十八、あきらさんの男の実が全くなく、自分の欲望に正直な様子がいっそ清々しい感じでした。

靭猿の猿役の莢ちゃんは、茂さんのお子さんで、今日がお披露目。もうその可愛らしさは言うまでもないです。
それに加えて、七五三さんの前半の強面のハードさと、後半のデレデレぶりの対比が良かったですね。特に、莢ちゃんと一緒に舞っている様子は、演技になっていないと言ってもよさそうなぐらい、ただのおじいちゃんになっていました。

プログラム

配布チラシ 

|

« 11/05/01 「江戸の坂」散歩、麹町〜番町コース #sanpo | トップページ | 11/05/03 ときめき砂絵落語関連メモ #rakugo »

狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/05/01 春狂言2011 東京公演 #kyogen:

« 11/05/01 「江戸の坂」散歩、麹町〜番町コース #sanpo | トップページ | 11/05/03 ときめき砂絵落語関連メモ #rakugo »