« 11/05/10 志らくのピン〜古典落語編〜 #rakugo | トップページ | 11/05/13 三遊亭白鳥創作落語集 #rakugo »

11/05/09 立川談春 独演会「アナザーワールド 9」 #rakugo

公演名
立川談春 独演会「アナザーワールド 9」
会場
成城ホール
日時
2011年5月10日 19:00~
寄合酒
立川こはる
巌流島
立川談春
仲入り
高田の馬場
立川談春

こはるさんは、もう落ち着いたものですね。なんでも、談春さんのお弟子さんがさらに二人入って、七人になったそうです。いずれも曲者だらけで、その総領弟子を張っているこはるさんも、ただ者ではないですね。

一席目の巌流島は、現在リクエスト投票を募っている中で、一票も入っていない三席のうちの一席。
談春さんの型は家元のものとのこと。因縁をつける若侍がとにかく柄が悪く、ごろつきにしか見えない。その凄み方は、まるでヤクザ。二席目のマクラで解説していましたが、設定としては、この若侍は、白柄組にみられるような、旗本の次男坊、三男坊の旗本奴なのだとか。本当にすご味方が半端無くて、客席は引きまくりでした。

高田の馬場は、もしかしたら一回ぐらいは聞いたことがあるかも。ほとんど、初めてと言ってもいいですね。
マクラで、両親の親や祖父母ぐらいまで、さかのぼってみても、芸人や、テキ屋、任侠などが、ぞろぞろ出てくるとの述懐。そのエピソードが半端無く面白い。
その流れで、家元のもとに出入りしていた、テキ屋のおじさんで、ガマの油売りを実際に演じていた人に、太鼓の打ち方、南京玉すだれなどを習ったようです。その直伝のガマの油売りを堪能できました。

配布チラシ

|

« 11/05/10 志らくのピン〜古典落語編〜 #rakugo | トップページ | 11/05/13 三遊亭白鳥創作落語集 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/05/09 立川談春 独演会「アナザーワールド 9」 #rakugo:

« 11/05/10 志らくのピン〜古典落語編〜 #rakugo | トップページ | 11/05/13 三遊亭白鳥創作落語集 #rakugo »