« 11/05/16 雲助月極十番之内 肆番 #rakugo | トップページ | 11/05/19 市馬落語集 三夜《第二夜》 #rakugo »

11/05/18 第五回 由瓶・兼好 二人会

公演名
第五回 由瓶・兼好 二人会
会場
らくごカフェ
日時
2011年5月18日 19:00~
オープニング・トーク
由瓶・兼好
そば清
春風亭朝也
千早ふる
笑福亭由瓶
しの字嫌い
三遊亭兼好
仲入り
一眼国
三遊亭兼好
怒りの玉手箱
笑福亭由瓶

五分くらい前についたら、もう二人で対談していました。どうもいつものことのようですね。この二人会は始めてなので、戸惑ってしまいました。

朝也さんのそば清、清兵衛の飄々とした雰囲気といい、間のいいそばの食べっぷりが気持ちよかったですね。

兼好さんj、しの字嫌いは、主人が気の利いた使用人を凹ませようとあれこれする噺で初めて聞く演目です。主従の、間のいいやり取りが楽しい。
一眼国は二度目くらいかな。滅多に聞くことがないので得した気分。マクラでの昔の見世物のあれこれが面白かったですね。

由瓶さんを意識して聞いたのは初めてです。 千早ぶるは、雲助さんの聞いたばかりで、演者が変わるとこうも違うのかという、当たり前のことが実感されました。
二席目は私落語の様な感じ。師匠の鶴瓶さんの雰囲気が漂いましたね。

配布チラシ

|

« 11/05/16 雲助月極十番之内 肆番 #rakugo | トップページ | 11/05/19 市馬落語集 三夜《第二夜》 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/05/18 第五回 由瓶・兼好 二人会:

« 11/05/16 雲助月極十番之内 肆番 #rakugo | トップページ | 11/05/19 市馬落語集 三夜《第二夜》 #rakugo »