« 11/05/19 市馬落語集 三夜《第二夜》 #rakugo | トップページ | 11/05/21 柳家一琴 蔵出しの会 #rakugo »

11/05/20 ハマのすけえん〜一之輔、隔月こっそり横浜の会〜 #rakugo

公演名
ハマのすけえん〜一之輔、隔月こっそり横浜の会〜
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
2011年5月20日 19:30~
御挨拶
春風亭一之輔
狸札
桂宮治
代脈
春風亭一之輔
粗忽の釘
春風亭一之輔
仲入り
船徳
春風亭一之輔

宮治さんは、一之輔さんの会でしかお目にかかれないのが残念。一之輔さんが、がっつりきていると評している積極性が、ギリギリのところでいい方になっていると思います。

一之輔さんの代脈、のびのびとした銀杏が、縦横無尽に振る舞う姿が可愛らしいですね。なんでしょう、一之輔さんの毒が銀杏を通して素直になって行く感じ。

一之輔さんの粗忽の釘では、おかみさんが亭主の粗忽を楽しんでいますね。「お前、わかっているだろう」を何度言っているか。
底の抜けたタライを、夫婦二人でフラフープの様に回す馬鹿らしさ。

今シーズンはじめの船徳を聞いて、夏が来たなという感じ。疲れが出て途中意識が飛んだのが残念です。 船に乗せてもらえないで、船の絵を描いている若旦那、客に何をやっているのかを聞かれて、その絵を見せる時の、キラキラした無邪気な眼がおかし過ぎる。

配布チラシ

|

« 11/05/19 市馬落語集 三夜《第二夜》 #rakugo | トップページ | 11/05/21 柳家一琴 蔵出しの会 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/05/20 ハマのすけえん〜一之輔、隔月こっそり横浜の会〜 #rakugo:

« 11/05/19 市馬落語集 三夜《第二夜》 #rakugo | トップページ | 11/05/21 柳家一琴 蔵出しの会 #rakugo »