« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

11/05/29 三三らくご IN にほんばし

公演名
三三らくご IN にほんばし
会場
日本橋三井ホール
日時
2011年5月29日 14:00~
オープニング・トーク
柳家三三
長唄三味線
スクイーズ☆ハジキーズ
明烏
柳家三三
仲入り
唐茄子屋政談
柳家三三

スクイーズ☆ハジキーズの長唄三味線。松永鉄駒さんと鉄六さんのユニット。昨日の談春さんの会でも、開演前のホールで演奏していました。鉄六さんは、志の輔さんの会で拝見したことがあります。

明烏は、ホールでの写真通り甘納豆を食べてくれました。若旦那の初心さが悪くどくならないところがいいですね。

唐茄子屋政談は、キレの良い語り口で、泣かされました。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/29 「江戸の坂」散歩、北千束〜東雪谷コース #sanpo

#sanpo 北千束なう。これから「江戸の坂」散歩、北千束〜東雪谷コース。 10:26:38

#
#sanpo 北千束二丁目と南千束一丁目の間を通る、稲荷坂。 http://yfrog.com/h7lj0hhsj http://yfrog.com/h04akkcj 10:39:29

#
#sanpo 石川町一丁目なう。神明坂。 http://yfrog.com/h06u2mdlj http://yfrog.com/h2g49bij http://yfrog.com/h0qnfvnj 11:00:29

#
#sanpo 石川町一丁目。稲荷坂。 http://yfrog.com/h6fcdknj http://yfrog.com/gzfnsltj http://yfrog.com/h8y1ojfj 11:08:47

#
#sanpo 東雪谷二丁目なう。雪谷八幡の前を上がる、宮前坂。 http://yfrog.com/gys7fnagj http://yfrog.com/hsh5uccnj 11:31:58

#
#sanpo 東雪谷二丁目と三丁目の間を通る、雪見坂。 http://yfrog.com/h21kccfj http://yfrog.com/h4nmkolj http://yfrog.com/h8kwbsaj 11:40:43

#
#sanpo 東雪谷三丁目なう。権現坂。 http://yfrog.com/h238sahj http://yfrog.com/h3ihaegj http://yfrog.com/h8ccvkcj 11:52:08

#
#sanpo 東雪谷五丁目なう。花抜坂。付近を通った日蓮大聖人が思わす野花を手折った伝説から。 http://yfrog.com/h06crktj http://yfrog.com/h4k3tyvj 13:09:11

#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/28 談春らくご IN にほんばし #rakugo

公演名
談春らくご IN にほんばし
会場
日本橋三井ホール
日時
2011年5月28日 13:00~
百川
立川談春
仲入り
紺屋高尾
立川談春

日本橋三井ホールは初めて。なかなか雰囲気が良かったですね。ただ、使用料が高いのでしょうね。落語で五千円はやはりね。それもあって、日本橋にちなんだ百川をかけて、地元の小船町会の協力を得て、八雲神社の四神旗・剣の実物を高座の後ろに据えての口演でした。こういう演出が立川流と感じました。

高座の後ろの四神旗・剣です。 http://yfrog.com/hs9saqpj http://yfrog.com/gy74plij

百川は、最近聞いた志らくさんと比べて百兵衛さんの行っていることが分かりやすいですね。ここに、志らくさんと談春さんの違いが判るんでしょうね。

談春さんの紺屋高尾は、やはりいいですよね。これを生で聞ける幸せを感じます。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/28 落語協会復興支援寄席 林家一門会 #rakugo

公演名
落語協会復興支援寄席 林家一門会
会場
浅草演芸ホール
日時
2011年5月28日 9:30~
御挨拶
柳家小三治
金明竹
林家たこ平
粗忽長屋
林家たい平
ギター漫談
林家ペー
ハンカチ
林家正蔵
曲独楽
三増紋之助
一文笛
林家種平

やっと復興支援寄せに行けました。第一期としては、今回がファイナル。次は、7月に再開とのこと。生憎の雨で、入りは半分弱かな。

たい平さんの粗忽長屋は、最後まで。やはりうまいですよね。浅草演芸ホールで聞くのははじめてですね。

正蔵さんのハンカチははじめて。夫婦喧嘩をした夫が、散歩先のイベントで、妻への思いを叫んでしまうことに。これを妻に聞かれてしまうという、替り目みたいな新作。なかなか良かったですね。

紋之助さんの曲独楽は今日も絶好調。最後のトトロの綱渡りは、前座さんとやるのですが、正蔵さんが出てきて、一門会らしさを出していました。

種平さんの一文笛は拾い物でした。復興支援寄席のトリにふさわしく、ちょっと泣かせて、落語らしい下げが良かった。

  11:19:25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/27 J亭落語会 立川志らく 独演会 #rakugo

公演名
J亭落語会 立川志らく 独演会
会場
JTアートホール アフィニス
日時
2011年5月27日 19:00~
道灌
立川らく人
ざるや
立川らく太
らくだ
立川志らく
仲入り
お化け長屋
立川志らく

らく人さんは、今日は初高座とのこと。初々しい道灌を口演。

志らくさんは、いきなりらくだ。らくだが長屋にどのように来たかを考えているうちに、正しくそのような落語があることを見つけたとのこと。それをらくだの後にやる必要があるため。
兄貴分の手斧目の半次が怒ったときのゾンビみたいな動きがおかしすぎでした。

そのらくだの前日譚が、お化け長屋で、家賃をただにしてしまった乱暴者。最後の化物に扮した長屋の衆に脅かされた、らくだが相談に訪れたのが、兄貴分の手斧目の半次ということで、めでたく二つの噺がつながりました。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/25 月刊談笑 5月号 #rakugo

公演名
月刊談笑 5月号
会場
北沢タウンホール
日時
2011年5月25日 19:00~
鮫講釈
立川吉笑
妾馬・改
立川談笑
仲入り
お直し
立川談笑
談笑に訊け
広瀬和生・談笑

吉笑さん、前座噺ではないと思うと断ってから鮫講釈へ。この演目はJ亭で談笑で聞いただけ。講釈の場面で、落語の言いたてやJ-POPの歌詞を取り入れいて、談笑さんのお弟子さんらしさを感じました。

妾馬のお殿様への畏怖を、現代で実感するためにはこれでしょうと、菊の御一家の次男を採用。聞いている時の、この居心地の悪さは、まさしく、江戸時代で聞いた時の庶民の感覚と同じ。これこそ、談笑改作の醍醐味。 妾馬のもう一つの主題、兄妹愛もじんわりと伝わった。

談笑さんのお直しは、貧乏になる契機は夫の病気から。羅生門河岸に落ちるのも妻の提案。こうすることによって、夫婦の純愛を分かりやすくしていました。その結果、最後は心中。生まれ変わったらとの会話で、旦那が兄妹になって、可愛がりたいとなって、妾馬・改へ。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/24 らくごカフェに火曜会、三之助、小せん #rakugo

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2011/05/24 19:30~
井戸の茶碗
柳家小せん
大山詣り
柳家三之助
仲入り
お楽しみ
五月の鯉のチューズデー
皐月の恋のTuesday

小せんさんの井戸の茶碗、二人の侍のすっきりした端正な佇まいがいい。屑屋の清兵衛の真っ直ぐな正直さも清々しい。

大山詣りは久しぶり。三之助さんでは初めて。熊公の江戸っ子ぶりのキレがよく、先達さんの包容力がにじみ出る様で、おかみさん連中が坊主頭になってしまうオチがなんとなく許される。

配布チラシ

6/1:三之助さんのPodcastで確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/23 一之輔のすすめ、レレ #rakugo

公演名
一之輔のすすめ、レレ
会場
国立演芸場
日時
2011年5月23日 18:30~
元犬
柳亭市也
青菜
春風亭一之輔
仲入り
天覧試合(かたり)
山田雅人
子別れ 下
春風亭一之輔

山田雅人さんのかたりは、初めて。ビバリー昼ズで、何回かその片鱗を聞いていたので、思わず聞けてなんか得した感じです。きちんと取材して構成している部分では、漫談ということではなく、独自の芸と言えます。なんか興味が出てきました。

青菜はこの季節、はじめてですね。一之輔さんで聞けて良かったですね。

子別れはでもよくわかりますが、一之輔さんの親子ものはいいですね。子供にやりこまれるときの、お父さんの視線の外し方がなんとも言えません。

配布チラシ


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/22 「江戸の坂」散歩、田園調布本町〜田園調布コース #sanpo

#sanpo 沼部なう。これから「江戸の坂」散歩、田園調布本町〜田園調布コース。 11:19:05

#
#sanpo 田園調布南なう。すっきりしたYの字。 http://yfrog.com/gyos6zhj 11:28:53

#
田園調布本町なう。おいと坂。霊験がある雌井(めい)、雄井(おい)から。 #sanpo  http://yfrog.com/h7kyhtlj http://yfrog.com/h6k5rxj 11:39:49

#
田園調布本町。桜坂。旧中原街道。古くは、沼部大坂とも。大正時代に桜が植えられた。 #sanpo  http://yfrog.com/h2dj4gsj http://yfrog.com/hs5jmbyj http://yfrog.com/h6wb1yczj 11:52:01

#
田園調布一丁目なう。富士見坂。 #sanpo  http://yfrog.com/h7ezzouj http://yfrog.com/h89egrxj http://yfrog.com/h3iyvvkj 12:07:28

#
田園調布二丁目なう。どりこの坂。「どりこの」という清涼飲料水の製作者がいた。 #sanpo  http://yfrog.com/h370qmbj http://yfrog.com/hsc6jrsj http://yfrog.com/hsp7ezzj 12:26:01

#
多摩川台公園から望む。 #sanpo  http://yfrog.com/h0kkaxcj 12:55:34

#
亀甲山(かめのこやま)古墳。 #sanpo  http://yfrog.com/gzkldzmvj http://yfrog.com/h37lgcdj 12:55:58

#
多摩川台古墳群、1号墳は亀甲山古墳の後円部、2号墳は前方部。 #sanpo 13:13:19
#
多摩川台古墳群ー第3号墳。 #sanpo  http://yfrog.com/h2jvocfj 13:12:43
#
多摩川台古墳群ー第4号墳。 #sanpo  http://yfrog.com/hsqjegtj 13:00:37

#
多摩川台古墳群ー第5号墳。 #sanpo  http://yfrog.com/gy6ivjujj 13:02:13

#
多摩川台古墳群ー第6号墳。 #sanpo  http://yfrog.com/h77tjwzj 13:03:23

#
多摩川台古墳群ー第7号墳。 #sanpo  http://yfrog.com/h72iewxj 13:04:34

#
多摩川台古墳群ー第8号墳。 #sanpo  http://yfrog.com/h8ztllexj 13:12:45

#
宝来山(ほうらいさん)古墳。 #sanpo  http://yfrog.com/h3ngvvoj http://yfrog.com/h6rc4tcj http://yfrog.com/gzdgwzvj 13:21:21

#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/21 柳家一琴 蔵出しの会 #rakugo

公演名
柳家一琴 蔵出しの会
会場
らくごカフェ
日時
2011年5月21日 19:30~
芋俵
柳家一琴
そば清
柳家一琴
仲入り
大工調べ(通し)
柳家一琴

芋俵は、仕込みの部分に重点をかけて、丁稚と女中の遣り取りはあっさりめ。泥棒たちの間抜けな会話がテンポ良く進んでおかしかった。

そば清はとにかく無駄を省いてテンポ良く進めたもの。そばがするすると、消えて行く様子が見えました。

大工調べは、お白洲の場面まで。やはり、言いたての場面が鮮やかな分、お白洲はだれ気味になる。そこを、与太郎のリアクションに主眼をおいて落語らしいテンションを維持していた。

配布チラシ


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/20 ハマのすけえん〜一之輔、隔月こっそり横浜の会〜 #rakugo

公演名
ハマのすけえん〜一之輔、隔月こっそり横浜の会〜
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
2011年5月20日 19:30~
御挨拶
春風亭一之輔
狸札
桂宮治
代脈
春風亭一之輔
粗忽の釘
春風亭一之輔
仲入り
船徳
春風亭一之輔

宮治さんは、一之輔さんの会でしかお目にかかれないのが残念。一之輔さんが、がっつりきていると評している積極性が、ギリギリのところでいい方になっていると思います。

一之輔さんの代脈、のびのびとした銀杏が、縦横無尽に振る舞う姿が可愛らしいですね。なんでしょう、一之輔さんの毒が銀杏を通して素直になって行く感じ。

一之輔さんの粗忽の釘では、おかみさんが亭主の粗忽を楽しんでいますね。「お前、わかっているだろう」を何度言っているか。
底の抜けたタライを、夫婦二人でフラフープの様に回す馬鹿らしさ。

今シーズンはじめの船徳を聞いて、夏が来たなという感じ。疲れが出て途中意識が飛んだのが残念です。 船に乗せてもらえないで、船の絵を描いている若旦那、客に何をやっているのかを聞かれて、その絵を見せる時の、キラキラした無邪気な眼がおかし過ぎる。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/19 市馬落語集 三夜《第二夜》 #rakugo

公演名
市馬落語集 三夜《第二夜》
会場
日本橋劇場
日時
2011年5月19日 18:45~
道具屋
柳亭市助
看板のピン
柳亭市楽
子別れ 中
柳亭市馬
仲入り
漫才
内海桂子・あした順子
お化け長屋
柳亭市馬

市楽さんの看板のピン、かっちりまとまっていた。三道楽が、飲む・打つ・昭和歌謡が、おかしかったですね。

順子先生と桂子先生の漫才は自由闊達で、元気いっぱい。桂子先生の自作都々逸も良かったし、順子先生が、KARAのお尻ダンスも絶品でした。

市馬さんの子別れ 中、この部分をちゃんと聞くのは、五〜六年前に花緑さんで聞いて以来二度目。通しでと言っても、省略されがちのところですね。きっちり聞けて大満足。亀ちゃん可愛い過ぎでした。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/18 第五回 由瓶・兼好 二人会

公演名
第五回 由瓶・兼好 二人会
会場
らくごカフェ
日時
2011年5月18日 19:00~
オープニング・トーク
由瓶・兼好
そば清
春風亭朝也
千早ふる
笑福亭由瓶
しの字嫌い
三遊亭兼好
仲入り
一眼国
三遊亭兼好
怒りの玉手箱
笑福亭由瓶

五分くらい前についたら、もう二人で対談していました。どうもいつものことのようですね。この二人会は始めてなので、戸惑ってしまいました。

朝也さんのそば清、清兵衛の飄々とした雰囲気といい、間のいいそばの食べっぷりが気持ちよかったですね。

兼好さんj、しの字嫌いは、主人が気の利いた使用人を凹ませようとあれこれする噺で初めて聞く演目です。主従の、間のいいやり取りが楽しい。
一眼国は二度目くらいかな。滅多に聞くことがないので得した気分。マクラでの昔の見世物のあれこれが面白かったですね。

由瓶さんを意識して聞いたのは初めてです。 千早ぶるは、雲助さんの聞いたばかりで、演者が変わるとこうも違うのかという、当たり前のことが実感されました。
二席目は私落語の様な感じ。師匠の鶴瓶さんの雰囲気が漂いましたね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/16 雲助月極十番之内 肆番 #rakugo

公演名
雲助月極十番之内 肆番
会場
日本橋劇場
日時
平成23年5月16日 19:00~
饅頭こわい
柳亭明楽
千早ふる
五街道雲助
仲入り
太神楽×手品
鏡味味千代/北見翼
中村仲蔵
五街道雲助

明楽さんは初めて。まだ日が浅いのかな。最後の方でなんとか落ち着いてきたかな。

太神楽の鏡味味千代さんと、マジックの北見翼さんの、コラボは面白い試みだが、もう少しコンビならではの出し物が欲しかったですね。 夫々では、面白いものがあったので惜しい感じ。 味千代さんの生卵での傘回しや、翼さんの胡蝶の舞は良かったですね。

千早ふるは。楽しいの一言。兄い分が話の続きを案じるときに、つッと視線を上げる仕草が、可笑しいのなんの。

中村仲蔵は、無駄なものが削ぎ落とされて、ビシッと引き締まった感じ。最初から最後までだれることなく引き込まれました。 定九朗が与市兵衛を呼び声を仲蔵前後で演じ分けていたが、歌舞伎音痴でもその差が分かったような気がしました。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/15 第二十九回 上方落語会 #rakugo

公演名
第二十九回 上方落語会
会場
横浜にぎわい座 演芸ホール
日時
2011年5月15日 14:00~
テープレコーダー
笑福亭鉄瓶
唎き酒
桂文鹿
和歌山弁落語
おばちゃん旅日記
桂枝曾丸
桂塩鯛
仲入り
飯店エキサイティング
月亭遊方
ハードラック
笑福亭仁智

今日のにぎわい座の上方落語会は、オール新作で、いろいろなパターンが揃いました。 身辺雑記の延長線のようなものから、魚が主人公になるもの、極端なシチュエーションに巻き込まれる物など。それぞれの噺家の個性が出ていて楽しめました。

身辺雑記ものとしては、中学生時代のイタズラを落語化した、鉄瓶さんの「テープレコーダ」と、近所の中華店主夫婦の喧嘩のスケッチした遊方さんの「飯店エキサイティング」。 文鹿さんの「唎き酒」は、いろいろな利き酒の会に出た経験をもとにしていますが、もう少し作り込んでいる印象があります。

枝曾丸さんの和歌山弁落語は。基本的には、おばちゃんのあるあるもの。楽しい噺だったが、売りの和歌山弁は、始めに説明されても、いかんせん、聞き慣れない耳には、そのうち関西弁一般としてか聞けなくなりました。関西の人だったら、微妙な違いが判るんでしょうね。

塩鯛さんの「鯛」は、活け魚料理店の鯛の視点からの、落語らしい噺。塩鯛さんのとぼけた感じが生かされていて楽しい噺でした。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/15 「江戸の坂」散歩、鵜の木〜久が原コース #sanpo

鵜の木なう。これから「江戸の坂」散歩、鵜の木〜久が原コース。天気良し。 #sanpo 10:15:20

#
鵜の木一丁目なう。富士見坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bAo1 http://ow.ly/i/bAoe http://ow.ly/i/bAom 10:32:49

#
鵜の木一丁目。河原坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bApb http://ow.ly/i/bAph http://ow.ly/i/bAps 10:38:21

#
南久が原一丁目なう。ぬめり坂。ぬめって大変な坂だったのを豪農の娘が自ら人柱になった伝説がある。 #sanpo http://ow.ly/i/bAwc http://ow.ly/i/bAwi 11:29:07

#
久が原二丁目なう。久が原東部八幡神社の東側を通る、宮坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bAAn http://ow.ly/i/bAAw http://ow.ly/i/bAAH 12:01:45

#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/14 柳家花緑 独演会 #rakugo

公演名
柳家花緑 独演会
会場
なかのZERO 小ホール
日時
2011年5月14日 19:30~
道灌
柳家まめ録
宮戸川
柳家花緑
出来心
柳家花緑
仲入り
権助提灯
柳家花緑
明烏
柳家花緑

まめ録さんは、もしかしたら初めてかな。ちゃんと声が出てましたね。

大震災以降、とにかく普通のことがありがたいという心境のこと。だから、今日はとにかく喋りたいとのことで、明るい噺のてんこ盛りという感じでした。

宮戸川では、徹頭徹尾、お花が主導していました。雷が落ちて、きゃっと言って抱きつくのは、半七の方でした。

出来心の泥棒や、権助はとにかく元気。

今日の明烏の若旦那は、あまりウジウジはしていなかったかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/14 「江戸の坂」散歩、山王〜中央コース #sanpo

#sanpo 大森なう。これから「江戸の坂」散歩、山王〜中央コース。 http://j.mp/lH2DL4 10:21:21

#
#sanpo 山王二丁目なう。大森駅西口前の、八景坂。もっと急坂で眺めが良かった。 http://j.mp/mISmaN  http://p.twipple.jp/75eAp http://p.twipple.jp/D2EkZ 10:36:53

#
#sanpo 10:48:54

#
山王二丁目。闇(くらやみ)坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bxC9 http://ow.ly/i/bxCn 10:52:28

#
南馬込四丁目なう。臼田坂。臼田姓が大勢住んでいた? #sanpo http://ow.ly/i/bxFG http://ow.ly/i/bxFQ http://ow.ly/i/bxG4 11:19:10

#
南馬込三丁目なう。右近坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bxHw http://ow.ly/i/bxHJ http://ow.ly/i/bxHS 11:29:25

#
南馬込三丁目。磨墨(するすみ)塚。頼朝から梶原景季に与えられた名場に因む。 #sanpo http://ow.ly/i/bxJd 11:53:18

#
南馬込一丁目なう。蛇坂。蛇行する急坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bxMl http://ow.ly/i/bxMy http://ow.ly/i/bxMH http://ow.ly/i/bxMP 12:01:40

#
南馬込五丁目なう。第二京浜が横須賀線と交差する付近は、馬込坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bxPj http://ow.ly/i/bxPo 12:18:51

#
西馬込一丁目なう。二本木坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bxRd http://ow.ly/i/bxRn http://ow.ly/i/bxRv 12:33:19

#
南馬込五丁目なう。南坂。八幡神社の南側にある。 #sanpo http://ow.ly/i/bxSX http://ow.ly/i/bxT8 http://ow.ly/i/bxTj 12:58:27

#
南馬込四丁目なう。おいはぎ坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bxVE http://ow.ly/i/bxVM http://ow.ly/i/bxVS 13:05:31

#
南馬込四丁目。鐙(あぶみ)坂。梶原景季の愛馬、磨墨が鐙を落とした伝説のある鐙谷から。 #sanpo http://ow.ly/i/bxXe http://ow.ly/i/bxXl http://ow.ly/i/bxXr 13:20:36

#
中央五丁目なう。汐見坂。 #sanpo (@ 中央五丁目公園) http://ow.ly/1sWou4 http://ow.ly/i/bxYO http://ow.ly/i/bxYY 13:36:54

#
#sanpo 13:37:04

#
中央五丁目。蓬莱坂。付近で捕獲した黒鶴を将軍家に献上したところ、吉兆であると名付けられた。 #sanpo http://ow.ly/i/by0c http://ow.ly/i/by0j 13:48:05

#
中央五丁目と池上一丁目の間をすっと上がる、貴船坂。貴船神社があった。 #sanpo http://ow.ly/i/by1W http://ow.ly/i/by28 14:04:36

#
今週の明治大学立体駐車場。 #sanpo (@ 錦華公園) http://ow.ly/4UpY5 http://ow.ly/i/byhH http://ow.ly/i/byhI http://ow.ly/i/byhN http://ow.ly/i/byhQ 16:34:54

#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/13 三遊亭白鳥創作落語集 #rakugo

公演名
三遊亭白鳥創作落語集
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2011年5月13日 19:00~
オープニング・トーク
三遊亭白鳥
掛取り上野動物園
白鳥・瑞姫
任侠流山動物園
白鳥・瑞姫
仲入り
天王寺代官斬り
白鳥・瑞姫
雨のヴェルサイユ
白鳥・瑞姫

今日の任侠流山動物園シリーズは、浪曲の瑞姫さんとの共演。どれか一つを浪曲で語るのではなく、場面、場面で白鳥さんの落語と、瑞姫さんの浪曲で語り分けます。 下手にやるとバラバラな印象を受けかねないが、全く自然な流れに感じた。それは、白鳥さんの抜群な構成力と、瑞姫さんの自在な表現力によるものでしょう。

「天王寺代官斬り」は瑞姫さんがどれだけすごいかを確認するためとに、白鳥さんが浪曲に挑戦。曲師は下座さんが担当しました。最後は、珠姫さんで締め。

このシリーズは、豚次がまた、金比羅様にたどり着いていないので、続編を作っていけるそうです。今回は、浪曲とのコラボでしたが、いろいろな分野ともできるのではないでしょうか。個人的には、歌舞伎とか、狂言とのコラボが見てみたいですね。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/09 立川談春 独演会「アナザーワールド 9」 #rakugo

公演名
立川談春 独演会「アナザーワールド 9」
会場
成城ホール
日時
2011年5月10日 19:00~
寄合酒
立川こはる
巌流島
立川談春
仲入り
高田の馬場
立川談春

こはるさんは、もう落ち着いたものですね。なんでも、談春さんのお弟子さんがさらに二人入って、七人になったそうです。いずれも曲者だらけで、その総領弟子を張っているこはるさんも、ただ者ではないですね。

一席目の巌流島は、現在リクエスト投票を募っている中で、一票も入っていない三席のうちの一席。
談春さんの型は家元のものとのこと。因縁をつける若侍がとにかく柄が悪く、ごろつきにしか見えない。その凄み方は、まるでヤクザ。二席目のマクラで解説していましたが、設定としては、この若侍は、白柄組にみられるような、旗本の次男坊、三男坊の旗本奴なのだとか。本当にすご味方が半端無くて、客席は引きまくりでした。

高田の馬場は、もしかしたら一回ぐらいは聞いたことがあるかも。ほとんど、初めてと言ってもいいですね。
マクラで、両親の親や祖父母ぐらいまで、さかのぼってみても、芸人や、テキ屋、任侠などが、ぞろぞろ出てくるとの述懐。そのエピソードが半端無く面白い。
その流れで、家元のもとに出入りしていた、テキ屋のおじさんで、ガマの油売りを実際に演じていた人に、太鼓の打ち方、南京玉すだれなどを習ったようです。その直伝のガマの油売りを堪能できました。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/10 志らくのピン〜古典落語編〜 #rakugo

公演名
志らくのピン〜古典落語編〜
会場
渋谷区文化総合センター 伝承ホール
日時
2011年5月10日 19:00~
蝦蟇の油
立川志らべ
胡椒の悔やみ
立川志らく
百川
立川志らく
仲入り
目薬と義眼
立川志らく
花見の仇討ち
立川志らく

志らべさんの蝦蟇の油、後半の酔っ払いの場面、細かいくすぐりがおもしろい。のだけど、何となく師匠の匂いがちらりちらりと。

堀井憲一朗さんが現在やる人が少なく聞いたことがないということで、胡椒の悔やみを。異常なほど笑い上戸で、18歳で死んでしまったお嬢さんのことでさえ、笑いの種になってしまう人が主人公。それを志らくさんがやると、その笑い顔に、狂気一歩前の凄みを感じてしまいます。

百川の百兵衛の言っていることが、ほとんどわからない。ちょっと異界の人に感じてしまいます。

花見の仇討ちが短いので、落語五百席のうち最低ランクの噺ということで「目薬」と「義眼」をまとめて。まあ、馬鹿らしすぎていい感じですね。
何でも、地方公演に行ったときのネタ帳を確認していたら、、小朝さんが、芝浜を頭でやって、トリに目薬をやっているのを見たとのこと。すごいですね。

花見の仇討ちは、ベロだしチョンマを趣向でやろうというブラックなくすぐりを。ググってみたら人権啓発用ビデオのページがでてきます。最後にチラッと出るので気に入っているのかな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/08 三四楼・馬るこ 二人会(第三回) #rakugo

公演名
三四楼・馬るこ 二人会(第三回)
会場
らくごカフェ
日時
2011年5月8日 16:30~
漫談(クズ落語家あるある)
鈴々舎馬るこ
堀の内
立川三四楼
牛ほめ
鈴々舎馬るこ
仲入り
オトミ酸
立川三四楼
文七元結
鈴々舎馬るこ

三四楼さんの堀の内、mixiでの各種コミュニティのオフ会風景でのあるあるで、粗忽者のコミュニティがあったとしたらというのは、いい枕だと思うが、いかんせん、間が取れていなくて、グズグズになっていた。

三四楼さんのオトミ酸は、喬太郎さんに教わったもの。お富さんの歌詞を使った千早ふるのパロディ。少し落ち着いた様で、普通に聞ける様になっていた。こういうのは、三四楼さんにあっているのかも。

馬るこさんの牛ほめは、現代に持ってきて、ほめる家は、デザイナーズハウスにあるウォークインクローゼットにあるブランド物など。馬るこさんらしい楽しい一編。

馬るこさんのトリは、まさかの文七元結。くすぐりはほとんど入らないオーソドックスなもの。ただ、文七とお久が同じ所にお参りして、互いに好き合っている、手代は恋愛法度という演出があって、こういうのは初めて。これが身投げの動機にうまく絡んでいて面白かった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/08 横浜能楽堂普及公演「横浜狂言堂」 #kyogen

公演名
横浜能楽堂普及公演「横浜狂言堂」
会場
横浜能楽堂
日時
2011年5月8日 14:00~
布施無経(ふせないきょう)
出家
山本東次郎
檀家
山本則孝
樋の酒(ひのさけ)
太郎冠者
山本奏太郎
遠藤博義
次郎冠者
山本則孝
(お話し)
山本東次郎

布施無経、東次郎さんの朴訥とした雰囲気が、布施を言い出しかねる様子が伺える。最後の袈裟が見つかって申し訳なさそうな顔が何ともいい。

樋の酒、主の留守中に酒を飲まれないように蔵に閉じ込まれたのに、そんなこと考えないで何とか飲もうとするバイタリティがいい。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/08 「江戸の坂」散歩、池上コース #sanpo

#sanpo 池上なう。これから「江戸の坂」散歩、池上コース。 http://j.mp/kEq3gb 10:22:58

#
#sanpo 池上本門寺なう。此経難持坂。加藤清正が寄進。 http://j.mp/kFMnCA  http://twitpic.com/4utuct http://twitpic.com/4utv55 10:51:44

#
#sanpo 池上本門寺の多宝塔。最近、修繕が終わったよう。なんとなく派手。悪趣味一歩前。 http://j.mp/iLiTrO  http://twitpic.com/4uu4ds 11:10:30

#
#sanpo 池上本門寺。大坊坂。大坊と呼ばれる本行寺に続く坂。 http://j.mp/iLiTrO  http://twitpic.com/4uuank http://twitpic.com/4uubda 11:24:49

#
#sanpo 池上本門寺。車坂。曲折が多い。 http://j.mp/mTnDhp  http://twitpic.com/4uu9ye http://twitpic.com/4uuam5 http://twitpic.com/4uud2f 11:28:02

#
#sanpo 池上本門寺。紅葉坂。 http://j.mp/mTnDhp  http://twitpic.com/4uuf1l http://twitpic.com/4uug4e 11:34:07

#
#sanpo 池上本門寺。紅葉坂。 http://j.mp/mTnDhp  http://twitpic.com/4uuhij http://twitpic.com/4uui0z 11:37:35

#
池上本門寺。 木がはみ出しても残している。 #sanpo  http://twitpic.com/4uuijs 11:38:27

#
#sanpo 池上一丁目なう。めぐみ坂。大森めぐみ教会から。古くは相の坂。 http://twitpic.com/4uuv19 http://twitpic.com/4uuvbk http://twitpic.com/4uuvkv 12:03:31

#
#sanpo 妙見堂に上がる、妙見坂。 http://j.mp/lpbyhb  http://twitpic.com/4uuyrw http://twitpic.com/4uuzbv 12:10:34

#
#sanpo 朗師坂。日朗が師の墓へ36年日参。 http://j.mp/lpbyhb  http://twitpic.com/4uv5yp http://twitpic.com/4uv6kx http://twitpic.com/4uv77q 12:25:21

#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/07 第十二回 よこはま「万作・萬斎の会」 #kyogen

公演名
第十二回 よこはま「万作・萬斎の会」
会場
横浜能楽堂
日時
2011年5月7日 14:00~
粟田口(あわたぐち)
大名
野村万作
太郎冠者
石田幸雄
すっぱ
高野和憲
狂言芸話
野村万作
花折(はなおり)
新発意
野村萬斎
住持
石田幸雄
立衆
野村遼太
中村修一
村井一之
内藤連
岡聡史

粟田口は、初めての曲。最後の大名とすっぱとの大立ち回りが楽しい。万作さんのとぼけた感じと、高野さんの素早い動きの間が合っておかしかった。

花折の立衆は、遼太さんを始め、若い人で固めていました。平均すれば二十代前半とのこと。なかなかフレッシュな感じで良かったですね。

狂言芸話では、去年十二月に亡くなった万之介さんを通して、芸の基本と、その上での洒脱で柔らかい表現について。万之介さんは、数回しか拝見できなかったけど飄々とした表現に、しっかりした裏打ちがあったことが興味深いですね。
また、落語的に興味が惹かれたのが、最近、落語で寝床を聞いて不満を持ったこと。比較の対象が八代目の文楽なので辛くなりますが、大家が怒り出したときの声のトーンと、長屋衆のそれとのメリハリがない。こういう所に芸の基本がでてくるとのこと。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/07 「江戸の坂」散歩、神田駿河台〜猿楽町コース #sanpo

御茶ノ水なう。これから「江戸の坂」散歩、神田駿河台〜猿楽町コース。 #sanpo 09:54:10

#
神田駿河台四丁目なう。淡路坂。鈴木淡路守の屋敷があった。 #sanpo http://ow.ly/i/bftz http://ow.ly/i/bftJ 10:12:57

#
神田駿河台四丁目。幽霊坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bftP http://ow.ly/i/bftS 10:16:00

#
神田淡路町二丁目なう。新坂。 #sanpo (@ 神尾記念病院) http://ow.ly/1sQusp http://ow.ly/i/bfuS http://ow.ly/i/bfuY 10:26:20

#
神田淡路町二丁目。観音坂。観音寺、あるいは観音院があった。いまは祠だけ。 #sanpo http://ow.ly/i/bfvR http://ow.ly/i/bfw0 http://ow.ly/i/bfw7 10:30:35

#
神田駿河台一丁目なう。甲賀坂。甲賀組の居住地からとも光感寺からとも。 #sanpo http://ow.ly/i/bfxv http://ow.ly/i/bfxC 10:41:48

#
神田駿河台一丁目。日大歯学部キャンパスの脇を御茶ノ水駅に上がる、池田坂。 #sanpo (@ 日本大学歯学部) http://ow.ly/1sQvde http://ow.ly/i/bfyr http://ow.ly/i/bfyB 10:54:34

#
日大病院の前を通る、雁木坂。昔は雁木を組む必要がある程の急坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bfzP 10:58:38

#
ニコライ堂の北側を走る、紅梅坂。 #sanpo (@ ニコライ堂) http://ow.ly/1rtvuy http://ow.ly/i/bfB1 http://ow.ly/i/bfB9 11:10:19

#
明大通りから山の上ホテルに上がる、胸突坂。 #sanpo (@ 山の上ホテル) http://ow.ly/4PdLN http://ow.ly/i/bfCf http://ow.ly/i/bfCp 11:19:43

#
神田小川町三丁目なう。富士見坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bfCV http://ow.ly/i/bfD9 11:26:18

#
錦華公園の脇を走る、錦華坂。 #sanpo (@ 錦華公園) http://ow.ly/4PdYI http://ow.ly/i/bfEe http://ow.ly/i/bfEt 11:35:29

#
今週の明治大学立体駐車場。 #sanpo http://ow.ly/i/bfEB http://ow.ly/i/bfEI http://ow.ly/i/bfEL http://ow.ly/i/bfEN 11:37:09

#
神田駿河台一丁目から猿楽町に下る、男坂。 #sanpo (@ 男坂) http://ow.ly/1sQx20 http://ow.ly/i/bfFR 11:50:54

#
同じく、女坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bfH0 http://ow.ly/i/bfHk http://ow.ly/i/bfHq http://ow.ly/i/bfHN http://ow.ly/i/bfHZ 12:02:20

#
猿楽町二丁目なう。皀角(さいかち)坂。サイカチが植わっていた。 #sanpo http://ow.ly/i/bfIK http://ow.ly/i/bfIR 12:08:33

#
猿楽町二丁目。小栗坂。 #sanpo http://ow.ly/i/bfJ6 http://ow.ly/i/bfJh 12:11:28

#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/06 こしらの集い #rakugo

公演名
こしらの集い
会場
お江戸日本橋亭
日時
2011年5月6日 19:00~
こしらの東北落語キャラバン
立川こしら
壺算
立川こしら
仲入り
火焔太鼓
立川こしら

4/28から5/5まで岩手の海岸地方を、ボランティア落語会をしてきたとのこと。花ん謝さんと二人連れというのが興味深いですね。後半は志らべさんも参加。最終日は、志らく師匠の落語会でフィナーレという感じ。
その中で、語られたボランティアの実態には、考えさせられました。

壺算は兄い分がこしらさんらしい、ちょっと引いた感じの冷めたキャラクター。主人公の暴走気味の勘違いや、道具屋が勝手にドツボにハマっていく様子との対比できておかしい。

火焔太鼓の道具屋は、壺算の道具屋。お上さんが語る、お屋敷での責められ妄想には、大槌の鬼鉄、東雲や美少年の朱雀というラノベかファンタジーゲームに、出てきそうな忍者が登場。何時の間にやら、お上さんと朱雀との逃避行の話になってしまいます。この暴走かげんが楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/05 第十八回 京の噺家 桂米二でございます #rakugo

公演名
第十八回 京の噺家 桂米二でございます
会場
深川江戸資料館 小劇場
日時
2011年5月5日 14:00~
ろくろ首
桂二乗
田楽喰い
桂米二
宗論
桂團朝
宿屋仇
桂米二
仲入り
崇徳院
桂米二

深川江戸資料館は初めてです。少し早めに行って、資料館の中を見学しましたが、天保年間の深川の米屋、八百屋、船宿などの商家、五軒長屋などを再現しています。実物のへっついや、色々なサイズの水瓶を、「これは一荷入かな、こちらは二荷入かな」と思いながらみたり、二八そばの担ぎ屋台を見て、時そばを思い、猪牙舟を見て、船徳の若旦那が手こずるのは当然だなと感じました。

二乗さんのろくろ首、こちらでもよく聞く噺なので、上方落語との違いがわかりやすい。それは、主人公の性格付けで、上方のほうが我が強い感じがします。やっていることは同じでも、反応の仕方に主張が出ている感じですね。

團朝さんの宗論、演出はごくオーソドックス。しかし、上方の言葉で聞くと、やわらかい感触があって、ともすれば、ギスギスした感じになりがちなのが、聞きやすかったですね。

田楽喰い、若いものが集められるまでのドタバタが入って楽しい。最後の金看板、銀看板はの言いたては、やはり上方のイントネーションがいいと感じました。

宿屋仇、江戸に持ってきた時に、地名を変えたぐらいのようですね。芸者を呼んで、わっとやるところで、どのくらいハメ物が入るのかが楽しみだったのに、まさかの寝落ちをして記憶にないのがかえすがえすも残念。

崇徳院、大阪の商家の様子がうかがえる様な感じですね。今日聞いた範囲では、春の噺ではない様子なので、こちらでやるときは、春の噺だと思っていたので、違うんだなと思いました。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/05 「江戸の坂」散歩、九段北〜富士見コース #sanpo

九段下なう。これから「江戸の坂」散歩、九段北〜富士見コース。 #sanpo 09:56:32

#
九段北二丁目なう。九段坂。 #sanpo http://ow.ly/i/b9Fo http://ow.ly/i/b9Gn 10:11:19

#
九段北一丁目なう。中坂。九段坂と冬青木坂との中間にある。 #sanpo (@ 築土神社) http://ow.ly/1sOIYK http://ow.ly/i/b9GG http://ow.ly/i/b9GY 10:15:49

#
九段北一丁目。冬青木(もちのき)坂。武家屋敷内の常盤木をもちの木と見誤って名付けられた。 #sanpo http://ow.ly/i/b9IJ http://ow.ly/i/b9IR 10:30:03

#
富士見一丁目なう。二合半坂。富士山と、その五合程の高さに見える日光山の 、半分(二合半)か見えるから。#sanpo http://ow.ly/i/b9KB http://ow.ly/i/b9KL http://ow.ly/i/b9KR 10:44:33

#
富士見二丁目なう。幽霊坂。その一。 #sanpo http://ow.ly/i/b9MT http://ow.ly/i/b9N5 11:01:11

#
富士見二丁目。幽霊坂。その二。 #sanpo http://ow.ly/i/b9Nm http://ow.ly/i/b9Nt 11:04:23

#
富士見一丁目なう。幽霊坂。その三。 #sanpo http://ow.ly/i/b9O8 http://ow.ly/i/b9Oj 11:11:41

#
法政大学と靖国神社の間を上がる、富士見坂。 #sanpo http://ow.ly/i/b9Pq http://ow.ly/i/b9Pv 11:20:32

#
九段北三丁目なう。一口(いもあらい)坂。疱瘡をいもがさと読み、それを洗う(治す)霊剣がある一口稲荷があった。 #sanpo (@ 一口坂) http://ow.ly/1rXX3t http://ow.ly/i/b9QG http://ow.ly/i/b9QQ 11:31:52

#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/03 ときめき砂絵落語関連メモ #rakugo

都筑道夫が落語に精通していて、特になめくじ長屋捕物さわぎシリーズで顕著に現れています。
まず、シリーズ名の「なめくじ長屋」が志ん生のなめくじ長屋からとっています。
また、「きまぐれ砂絵」では、全編、落語の演目をモチーフにしています。この中の「擬宝珠」を景気にして、喬太郎さんが、掘り起こして復活させたのはよく知られています。

いま、「と決め砂絵」を読んでいて、登場人物の名前が落語に由来しているのがあったのに気がついて、メモをしておきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/01 春狂言2011 東京公演 #kyogen

公演名
春狂言2011 東京公演
会場
国立能楽堂
日時
2011年5月1日 13:30~
佐渡狐(さどぎつね)
越後のお百姓
茂山童司
佐渡のお百姓
茂山逸平
奏者
茂山千三郎
二九十八(にくじゅうはち)
茂山あきら
夢想の女
茂山宗彦
靭猿(うつぼざる)
大名
茂山七五三
太郎冠者
増田浩紀
猿曳
茂山茂
茂山莢

佐渡狐、逸平さんと千三郎さんの掛合いの間がぴったりと合って絶妙でした。

二九十八、あきらさんの男の実が全くなく、自分の欲望に正直な様子がいっそ清々しい感じでした。

靭猿の猿役の莢ちゃんは、茂さんのお子さんで、今日がお披露目。もうその可愛らしさは言うまでもないです。
それに加えて、七五三さんの前半の強面のハードさと、後半のデレデレぶりの対比が良かったですね。特に、莢ちゃんと一緒に舞っている様子は、演技になっていないと言ってもよさそうなぐらい、ただのおじいちゃんになっていました。

プログラム

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/05/01 「江戸の坂」散歩、麹町〜番町コース #sanpo

四ツ谷なう。これから「江戸の坂」散歩、麹町〜番町コース。 #sanpo 10:56:35

#
麹町三丁目なう。善国寺坂。名前の元になった寺は神楽坂にある。 #sanpo http://ow.ly/i/aZu9 http://ow.ly/i/aZup 11:19:23

#
麹町二丁目なう。正和坂。 #sanpo http://ow.ly/i/aZuU http://ow.ly/i/aZv5 11:23:55

#
麹町二丁目。正和新坂。 #sanpo http://ow.ly/i/aZwm http://ow.ly/i/aZwx 11:36:59

#
一番町なう。永井坂。 #sanpo http://ow.ly/i/aZwG http://ow.ly/i/aZwN 11:40:03

#
一番町。袖擦坂。 #sanpo (@ 袖摺坂) http://ow.ly/1riOfg http://ow.ly/i/aZxw http://ow.ly/i/aZxJ 11:46:28

#
三番町なう。五味坂。 #sanpo http://ow.ly/i/aZy0 http://ow.ly/i/aZyc 11:50:38

#
九段南二丁目なう。鍋割坂。 #sanpo http://ow.ly/i/aZEU http://ow.ly/i/aZF1 12:46:02

#
三番町なう。御厩谷(おんまやだに) 坂。徳川将軍家の厩舎があった。#sanpo (@ 大妻女子中学校•高等学校•大学•短期大学) http://ow.ly/1sLJRN http://ow.ly/i/b01O http://ow.ly/i/b022 16:36:39

#
一番町なう。南法眼坂。 #sanpo http://ow.ly/i/b02z http://ow.ly/i/b02C 16:42:31

#
四番町なう。行人(ぎょうにん)坂。 #sanpo http://ow.ly/i/b037 http://ow.ly/i/b03o 16:50:26

#
四番町。東郷公園の脇を下る、東郷坂。南法眼坂と行人坂と東郷坂を合わせて法眼坂と言う。 #sanpo (@ 三春滝桜(東郷公園)) http://ow.ly/1sLKAM http://ow.ly/i/b04K http://ow.ly/i/b04P 17:05:10

#
五番町なう。帯坂。番町皿屋敷で知られる青山播磨の屋敷から、お菊が帯を引きずって逃げたという伝説から。 #sanpo (@ 帯坂) http://ow.ly/1sLLgi http://ow.ly/i/b05y http://ow.ly/i/b05A 17:15:33

#
五番町。新坂。 #sanpo http://ow.ly/i/b066 http://ow.ly/i/b06a 17:22:51

#
五番町。三年坂。三念寺坂からの転訛。 #sanpo http://ow.ly/i/b075 http://ow.ly/i/b07b 17:32:54

#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/04/30 川柳川柳 傘寿の会 #rakugo

公演名
川柳川柳 傘寿の会
会場
なかの芸能小劇場
日時
2011年4月30日 14:00~
我が家のセンちゃん
川柳つくし
首屋
川柳川柳
大ガーコン 上
柳家小せん
大ガーコン 下
川柳川柳
仲入り
ジャズ息子
川柳川柳
和洋名曲選
川柳バンド
ラ・マラゲーニャ
川柳川柳

川柳さんの八十歳を祝う会。まだまだ、かくしゃくたるものです。

つくしさんは、こういう時だから、子供と動物が出る噺をと、捨て川柳を拾う噺に。捨て川柳が「パラッパー」と鳴くのが馬鹿らしい。
つくしさんのブログで演目名がわかりましたので書き換えました。(2011/05/06)

首屋は金に困った男が首を売る噺。初めて聞く演目。武士が新しい刀の切れ味を試すためにと首を買われることに。いよいよ切られるときに、最後に世間を見たいと、扉をちょっと開けてもらう場面が、何とはない感じを受けた。

小せんさんのガーコンは初めて。今日は拡大版を川柳さんとリレーで。明治時代に西洋音楽が入ってくるところから、昭和15年まで。伸びのある声で気持ち良かったですね。

仲入り後に、小せんさんのギターと歌、つくしさんのウクレレをお供に、ごく古めの洋楽の演奏。最後に、ソンブレロと肩掛けをして、ラ・マラゲーニャを披露。初めて聞きましたが、くだらなくて良かったな。圓生師が怒ったのもわかった。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »