« 11/06/06 柳家花緑・藤原道山 落語&音楽会 #rakugo | トップページ | 11/06/07 志らくのピン 古典落語編 #rakugo »

11/06/06 川柳川柳・五街道雲助 二人会 #rakugo

公演名
川柳川柳・五街道雲助 二人会
会場
内幸町ホール
日時
2011年6月6日 19:00~
こうもり
春風亭ぽっぽ
手紙無筆
五街道雲助
映画やぶにらみ
川柳川柳
仲入り
ジャズ息子
五街道雲助
大ガーコン
川柳川柳

ぽっぽちゃんのこうもりは、初めて聞く噺。狸ものを吸血鬼族の若い女の子にして、仁に合った可愛らしく仕立てていました。血の気が多いという言葉に思わず、ジュルッと言ってしまう仕草がおかしかったですね。

川柳さんの映画やぶにらみも初めて。初めての接吻映画から、嵐寛の鞍馬天狗、市川右太衛門の旗本退屈男、ひばりの杉作などをつらつらと。古いほうがをほとんど見ていないので、ピンと来ませんでした。しかし、こないなりに、楽しい雰囲気が良かった。

雲助さんのジャズ息子は、このくすぐりは如何なものかと、解説をいれて行くメタ的な語り。川柳さんでは一度だけしか聞いていないけど、その解説が、いちいちおかしかったですね。最後の息子の演奏は、川柳版でのスイングジャズに対して、中村誠一、森山威男時代の山下洋輔トリオをイメージしたフリージャズが炸裂。還暦を過ぎているとは見えない、若々しい仕草に、なぜ白酒さんが師匠に選んだかが判るような気がしました。

プログラム

配布チラシ

|

« 11/06/06 柳家花緑・藤原道山 落語&音楽会 #rakugo | トップページ | 11/06/07 志らくのピン 古典落語編 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/06/06 川柳川柳・五街道雲助 二人会 #rakugo:

« 11/06/06 柳家花緑・藤原道山 落語&音楽会 #rakugo | トップページ | 11/06/07 志らくのピン 古典落語編 #rakugo »