« 11/10/09 「江戸の坂」散歩、谷中〜西日暮里コース #sanpo #散歩 | トップページ | 11/10/10 志らく・喬太郎・三三 三人会 #落語 #rakugo »

11/10/09 笑福亭鶴光独演会 #rakugo #落語

公演名
笑福亭鶴光独演会
会場
横浜にぎわい座
日時
2011年10月9日 14:00~
ぜんざい公社
笑福亭和光
十徳
笑福亭里光
悋気の独楽
笑福亭学光
漫談
ナオユキ
手水廻し
笑福亭鶴光
仲入り
東の旅〜解説
笑福亭学光
東の旅〜発端
笑福亭明光
東の旅〜煮売屋
笑福亭羽光
東の旅〜軽業
笑福亭鶴光

和光さんのぜんざい公社、所々に工夫がされていて、古めかしさが低減されていた。

里光さんは、十徳であっさりと。来春に上方真打ちに昇進されるとのこと。これは東京で活動している上方の噺家が、こちらで真打ちになることのよう。実際、鶴光一門で東京を拠点にしている方は、芸協に所属しているよう。

学光さんの悋気の独楽、途中のおてかけさんとのやり取りの所で、寝落ちしてしまい残念。たにやら楽しいくすぐりがあったよう。

ナオユキさんは、鶴光さんがらみでしか見ていない。あのボソボソと喋る感じは癖になる。

鶴光さんの手水廻し、上方らしい、バカらしくて楽しい噺。色々な人で聞きたい。

後半は、東の旅から、「発端」、「煮売屋」と「軽業」をリレーで。 発端は、明光さんが担当。これは初めて聞く。 七五調の言い立てを、扇子と小拍子でリズムを取りつつ、はめものにのっての語りで大変そうだったが、何とかやりきっていた。

羽光さんは、煮売屋をごくあっさりめに。これは力の入いる発端とトリの師匠にはさまれているとの判断からかな。 羽光さんは今度二つ目になられるよう。

鶴光さんの軽業は、はめものも賑々しく、楽しく、明るく。上方落語の華やかさを感じた。

配布チラシ 

|

« 11/10/09 「江戸の坂」散歩、谷中〜西日暮里コース #sanpo #散歩 | トップページ | 11/10/10 志らく・喬太郎・三三 三人会 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/10/09 笑福亭鶴光独演会 #rakugo #落語:

« 11/10/09 「江戸の坂」散歩、谷中〜西日暮里コース #sanpo #散歩 | トップページ | 11/10/10 志らく・喬太郎・三三 三人会 #落語 #rakugo »