« 11/12/12 月刊談笑 12月号 〜年末恒例!大ネタスペシャル〜 #落語 #rakugo | トップページ | 11/12/14 林家たい平独演会 15年目のたい平『芝浜」の会 #rakugo #落語 »

こしら一之輔 ほぼ月刊「ニッポンの話芸」 #落語 #rakugo

公演名
こしら一之輔 ほぼ月刊「ニッポンの話芸」
会場
成城ホール
日時
2011年12月13日 19:30~
鰍沢
立川こしら
仲入り
加賀の千代
春風亭一之輔
富久
春風亭一之輔
アフタートーク
広瀬和生・こしら・一之輔

こしらさんの鰍沢、筋立てだけはごくオーソドックス。後半はアクション映画バリの追っかけ。お熊は火縄銃とは思えない精密な連射をかまし、雪崩は戸板で乗り切る。オチは、御題目の仕込み無しでお材木。

市一之輔さんは、富久は雲助師に習ったそうな。久保町の旦那宅で、お清から酒をせしめる時の久蔵の表情の可愛らしさが一之輔さんらしい。

プログラム

配布チラシ

|

« 11/12/12 月刊談笑 12月号 〜年末恒例!大ネタスペシャル〜 #落語 #rakugo | トップページ | 11/12/14 林家たい平独演会 15年目のたい平『芝浜」の会 #rakugo #落語 »

落語」カテゴリの記事

春風亭一之輔」カテゴリの記事

広瀬和生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こしら一之輔 ほぼ月刊「ニッポンの話芸」 #落語 #rakugo:

« 11/12/12 月刊談笑 12月号 〜年末恒例!大ネタスペシャル〜 #落語 #rakugo | トップページ | 11/12/14 林家たい平独演会 15年目のたい平『芝浜」の会 #rakugo #落語 »