« 12/02/06 〈噺小屋 上方落語の花形来たる!VOL.6〉桂塩鯛独演会 #落語 #rakugo | トップページ | 12/02/09 月刊談笑2月号〜喧嘩は江戸の華!?〜 #rakugo #落語 »

12/02/07 第二回米姿・吉弥ふたり会 #rakugo #落語

公演名
第二回米姿・吉弥ふたり会 #落語 #rakugo
会場
横浜にぎわい座 演芸ホール
日時
2012年2月7日 19:00~
延陽伯
桂小鯛
桃太郎
桂吉弥
替り目
桂米紫
仲入り
たけのこ
桂米紫
愛宕山
桂吉弥

小鯛さんの延陽伯、こちらのたらちね。この形で聞きたかった。より一層複雑で楽しかった。

吉弥さんの桃太郎は、ごくオーソドックスな形。枕のお伽話の小咄がベタベタなのに笑ってしまった。

米紫さんの替り目、基本の形は同じ。ただ、旦那が下手に出つつ我儘を通していく様子が楽しい。下げは、銚子の替り目の最後まで。

米紫さんのたけのこに出てくる大阪の武士は、言うならば米問屋の手代みたいなもの。武張ったところがない。だからこその噺。テンポ良く軽やかにサッと。

吉弥さんの愛宕山は、愛宕山までの道中が、この一門らしく、入れ事沢山で賑やかで華やか。飽くまで明るい春の野を遊山する一行の姿が楽しい。

配布チラシ

|

« 12/02/06 〈噺小屋 上方落語の花形来たる!VOL.6〉桂塩鯛独演会 #落語 #rakugo | トップページ | 12/02/09 月刊談笑2月号〜喧嘩は江戸の華!?〜 #rakugo #落語 »

落語」カテゴリの記事

桂小鯛」カテゴリの記事

桂米紫」カテゴリの記事

桂吉弥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/02/07 第二回米姿・吉弥ふたり会 #rakugo #落語:

« 12/02/06 〈噺小屋 上方落語の花形来たる!VOL.6〉桂塩鯛独演会 #落語 #rakugo | トップページ | 12/02/09 月刊談笑2月号〜喧嘩は江戸の華!?〜 #rakugo #落語 »