« 12/02/08 立川談春独演会「アナザーワールド11」 #落語 #rakugo | トップページ | 12/02/14 らくごカフェに火曜会 天どん、こみち »

12/02/13 こしら一之輔 ほぼ月刊「ニッポンの話芸」 #落語 #rakugo

公演名
こしら一之輔 ほぼ月刊「ニッポンの話芸」
会場
成城ホール
日時
2012年2月13日 19:30~
牡丹燈籠
立川こしら
仲入り
鈴ヶ森
春風亭一之輔
初天神
春風亭一之輔
アフタートーク
広瀬和生・こしら・一之輔

職人の伴蔵が出入りのお店の旦那に若旦那の病気の原因追求を頼まれる崇徳院展開から、病因が幽霊との交情かと進み、最後の10分余りでお札剥がしに強引に持ち込んで尻つぼみの落ちへ。呆然とした。
新三郎が商家の若旦那という設定は、談笑さんの牡丹燈籠と同じ。ただの偶然の一致何だろうし、それ以外は全く似ても似つかないのだ

今日の一之輔さんは、鈴ヶ森と初天神の十八番の揃い踏み。両方とも噺を語り切るというよりも、一つひとつのエピソードを丁寧に語ることに重点があった。一之輔さんから何度も聞いているのに、新鮮な笑いがあった。

プログラム

配布チラシ

|

« 12/02/08 立川談春独演会「アナザーワールド11」 #落語 #rakugo | トップページ | 12/02/14 らくごカフェに火曜会 天どん、こみち »

落語」カテゴリの記事

春風亭一之輔」カテゴリの記事

広瀬和生」カテゴリの記事

立川こしら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/02/13 こしら一之輔 ほぼ月刊「ニッポンの話芸」 #落語 #rakugo:

« 12/02/08 立川談春独演会「アナザーワールド11」 #落語 #rakugo | トップページ | 12/02/14 らくごカフェに火曜会 天どん、こみち »