« 12/02/15 万作の会「狂言の世界」 #狂言 | トップページ | 12/02/18 雲助月極十番 之内拾番 #落語 #rakugo »

12/02/18 ひふみの笑い ばーじょん2 #狂言 #講談 #落語 #rakugo

公演名
ひふみの笑い ばーじょん2
会場
調布市文化会館たづくり くすのきホール
日時
2012年2月18日 14:30~
狂言「蟹山伏」
山伏
茂山童司
茂山宗彦
従者
茂山茂
講談「四谷怪談」
神田京子
落語「お菊の皿」
柳家三三
仲入り
講談・落語・狂言「豆腐小僧」
語り・進行
神田京子
豆腐小僧
太郎冠者
柳家三三
茂山茂
次郎冠者
茂山宗彦
 

前半はそれぞれの芸を物の怪縛りで披露。狂言の蟹山伏は初めての曲。蟹の精霊と山伏とがやり取りするバカバカしいもの。童司、宗彦、茂の茂山家の若手三人組が楽しそうに演じていた。こういうのは野村家ではやらないだろうな。

京子さんは四谷怪談でお岩の最後まで。お岩が伊右衛門に騙されて夜鷹に売られてしまう型。歯切れが良くて聞きやすい。チラシによれば四月からにぎわい座で忠臣蔵を演るよう。

三三さんはお菊の皿で。 おキャンなお菊さんが可愛い。

豆腐小僧は京子さんが話を進める。豆腐小僧と太郎冠者の出会いを三三さんが語り、茂さんの主と宗彦さんの次郎冠者で狂言を。童司さんはあえて映像だけで豆腐小僧として登場。主が豆腐小僧になってしまう場面では四人が入り乱れての追いかけ。楽しかった。

 配布チラシ

|

« 12/02/15 万作の会「狂言の世界」 #狂言 | トップページ | 12/02/18 雲助月極十番 之内拾番 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

講談」カテゴリの記事

柳家三三」カテゴリの記事

神田京子」カテゴリの記事

茂山茂」カテゴリの記事

茂山宗彦」カテゴリの記事

茂山童司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/02/18 ひふみの笑い ばーじょん2 #狂言 #講談 #落語 #rakugo:

« 12/02/15 万作の会「狂言の世界」 #狂言 | トップページ | 12/02/18 雲助月極十番 之内拾番 #落語 #rakugo »