« 12/03/04 渋谷に福来たる〜落語フェスティバル的な〜古典ムーヴ/春一番 #落語 #rakugo | トップページ | 12/03/07 立川談春独演会「アナザー・ワールド12」 #落語 #rakugo »

12/03/06 月刊談笑 3月号〜迷コンビの事件簿〜 #落語 #rakugo

公演名
月刊談笑3月号〜迷コンビの事件簿〜
会場
北沢タウンホール
日時
2012年3月6日 19:00~
大根屋騒動
立川吉笑
長短
立川談笑
粗忽長屋
立川談笑
仲入り
二人旅・改
立川談笑
別冊付録「談笑に訊け」
広瀬和生・立川談笑

吉笑さんの大根屋騒動は、聞きたいなと聞けたのが良かった。広瀬さんが「吉笑さんの古典の皮を被った新作の方向性が楽しみ」との評に頷く。自分で枕の振り方が志の輔師匠みたいといっていたのがおかしい。

こんなに長い長短は初めて。短七は早飲み込みの短気。長さんはしゃべりば普通だが、脱線して長くなる。短七がイライラするのを承知で改めない。何だろう、だんだん長さんに感情移入して短七がどう反応するのかを見たくなる嗜虐的な気分になった。

粗忽長屋を談笑さんで聞くのは初めて。八五郎が始めは粗忽から間違えるのを、最後は意固地になる部分が入ってくる。熊五郎が八五郎に巻き込まれつつも‥という展開が楽しい。

二人旅は、舞台を東南アジアの山奥のJapanese Mesiaに移す。運転手の眠気を覚ますための、ヤバイなぞなぞやしりとりかおかしい。場所の名前を伏線にしたオチにポカーン。

プログラム

配布チラシ

|

« 12/03/04 渋谷に福来たる〜落語フェスティバル的な〜古典ムーヴ/春一番 #落語 #rakugo | トップページ | 12/03/07 立川談春独演会「アナザー・ワールド12」 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

立川談笑」カテゴリの記事

広瀬和生」カテゴリの記事

立川吉笑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/03/06 月刊談笑 3月号〜迷コンビの事件簿〜 #落語 #rakugo:

« 12/03/04 渋谷に福来たる〜落語フェスティバル的な〜古典ムーヴ/春一番 #落語 #rakugo | トップページ | 12/03/07 立川談春独演会「アナザー・ワールド12」 #落語 #rakugo »