« 2012/03/19 「江戸の坂」散歩、関口〜目白台コース #sanpo #散歩 | トップページ | 12/03/22 千五郎狂言会 第12回 #狂言 #kyougen »

12/03/21 彦いち落語組み手 八 #落語 #rakugo

公演名
彦いち落語組み手 八
会場
北沢タウンホール
日時
2012年3月21日 19:00~
あいさつ
林家彦いち
鷺取り
柳家小太郎
猿後家
林家彦いち
明烏
柳家喜多八
仲入り
愛宕川
林家彦いち
アフタートーク
彦いち・喜多八

小太郎さんは独特のフラがある様な。鷺取りの様なバカらしい噺が良くあっている。とにかく明るくて楽しい。

彦いちさんの猿後家は、女主人の表情の動きがおかしい。みなまで言わなくても気持ちの動きがわかる。猿知恵のオチを途中で使って、別のオチを付けていたのが珍しい。

明烏、一之輔さんが親子の噺として親旦那の描写に重きがおかれているのに対して、喜多八さんは飽くまで廓噺として演じる。源兵衛と多助の会話から始めて背景説明をコンパクトに。廓でのやり取りを楽しく。

愛宕山登りをカナダのユーコン川下りに移した愛宕川は、途中でやはり山登りになる。小判投げの代わりに金の銃弾を扇子で見立てたライフルで撃つ。途中で手拭いで見立てられた弾帯を付けた扇子機関銃に変更。金の縦断を取り行った一八は熊に追われて川に落ちる。最後はキングサーモンに乗っかって帰ってくる馬鹿らしさ。楽しいな。

プログラム

配布チラシ

|

« 2012/03/19 「江戸の坂」散歩、関口〜目白台コース #sanpo #散歩 | トップページ | 12/03/22 千五郎狂言会 第12回 #狂言 #kyougen »

落語」カテゴリの記事

林家彦いち」カテゴリの記事

柳家小太郎」カテゴリの記事

柳家喜多八」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/03/21 彦いち落語組み手 八 #落語 #rakugo:

« 2012/03/19 「江戸の坂」散歩、関口〜目白台コース #sanpo #散歩 | トップページ | 12/03/22 千五郎狂言会 第12回 #狂言 #kyougen »