« 2012/02/29 小満ん・喬太郎の会 #落語 #rakugo | トップページ | 2012/03/02 渋谷に福来たるSPECIAL〜落語フェスティバル的な〜師匠噺/四派饗宴 #rakugo #落語 »

2012/03/01 三四楼・馬るこ二人会 #落語 #rakugo

公演名
三四楼・馬るこ二人会
会場
ヤマノミュージックサロン池袋
日時
2012年3月1日 19:00~
真田小僧
桂竹のこ
AKB息子
立川三四楼
たらちね
鈴々舎馬るこ
仲入り
饅頭こわい
立川三四楼
五人廻し
鈴々舎馬るこ

三四楼さんのAKB息子は、義太夫息子というか、川柳さんのジャズ息子オマージュなのかな。いきなりAKBは分からないと思ったのか歴史を淡々と語った部分は冗長だったかな。どうしても必要なら、立川流ならではの講談調か浪曲風に演ってもらいたいところ。

馬るこさんのたらちね、基本はオーソドックス。女性の欠点を言わないで押し付けるための言い訳を、若手の落語家の実話?を入れつつ膨らましていた。

三四楼さんの饅頭こわい、普通に演っていたかなと思ったら、実際に饅頭を食べて、なおかつお茶を飲んでしまい、その先のものを下げにしていた。この様な斜め上を行く工夫が三四楼さんらしい。

小満んさんの素人鰻、酒乱の職人への寛容さを示そうとするが、どうしても武士のプライドに負けてしまう主人のいじましさが迫ってくる。その上での、鰻をさばくドタバタが可笑しくなる。

 配布チラシ

|

« 2012/02/29 小満ん・喬太郎の会 #落語 #rakugo | トップページ | 2012/03/02 渋谷に福来たるSPECIAL〜落語フェスティバル的な〜師匠噺/四派饗宴 #rakugo #落語 »

落語」カテゴリの記事

立川三四楼」カテゴリの記事

鈴々舎馬るこ」カテゴリの記事

桂竹のこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012/03/01 三四楼・馬るこ二人会 #落語 #rakugo:

« 2012/02/29 小満ん・喬太郎の会 #落語 #rakugo | トップページ | 2012/03/02 渋谷に福来たるSPECIAL〜落語フェスティバル的な〜師匠噺/四派饗宴 #rakugo #落語 »