« 2012/03/01 三四楼・馬るこ二人会 #落語 #rakugo | トップページ | 2012/03/03 行徳名人会 柳家小三治 #落語 #rakugo »

2012/03/02 渋谷に福来たるSPECIAL〜落語フェスティバル的な〜師匠噺/四派饗宴 #rakugo #落語

公演名
渋谷に福来たるSPECIAL〜落語フェスティバル的な〜師匠噺/四派饗宴
会場
渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
日時
2012年3月2日 19:00~
牛ほめ
春風亭昇太
犬の目
三遊亭兼好
鼠穴
立川生志
仲入り
蛇含草
三遊亭兼好
ストレスの海
春風亭昇太
笠碁。
柳亭市馬

前座の上がりが鳴って出て来たのが、なんと着流し姿の昇太さん。前座の体のままに牛ほめに。こんなにおかしい牛ほめは初めて。昇太さんがめくると二つ目に出て来た兼好さんが、前座噺ではない、真打が やらない噺をと犬の目へ。落語でしか出来ない物語。

三人目の生志さんでやっとテーマの師匠噺を。折角温めてもらっのに陰気な噺をと鼠穴へ。生志さんらしい端正な作り。

兼好さんの蛇含草は、好楽さんが八代正蔵の下にいた時に、三木助師に習った木久扇さんにに教わったものとのこと。ドヤ顔でやる餅の踊り食いが兼好さんらしい。

昇太さんのストレスの海は、掛ける前に文字起こして、師匠に見てもらった。台詞を直してもらったのを文字で読むとつまらないのに、師匠が口にするとおかしい。この時に、落語は台詞の様な形式ではなくて、語る噺家の個性が大事だということを教わった。

市馬さんは、時節柄、2.26事件の小さん師匠の話しから、楽屋の将棋の様子から笠碁へ。市馬さんの望洋とした雰囲気が二人の爺さんの子供っぽいやり取りにあう。

 プログラム

配布チラシ

|

« 2012/03/01 三四楼・馬るこ二人会 #落語 #rakugo | トップページ | 2012/03/03 行徳名人会 柳家小三治 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

春風亭昇太」カテゴリの記事

柳亭市馬」カテゴリの記事

三遊亭兼好」カテゴリの記事

立川生志」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012/03/02 渋谷に福来たるSPECIAL〜落語フェスティバル的な〜師匠噺/四派饗宴 #rakugo #落語:

« 2012/03/01 三四楼・馬るこ二人会 #落語 #rakugo | トップページ | 2012/03/03 行徳名人会 柳家小三治 #落語 #rakugo »