« 12/04/08 春狂言2012 東京公演 #kyougen #狂言 | トップページ | 12/04/10 三遊亭白鳥創作落語集 #落語 #rakugo »

12/04/09 月刊談笑 4月号 #落語 #rakugo

公演名
月刊談笑 4月号
会場
北沢タウンホール
日時
2012年4月9日 19:00~
強情灸
立川笑二
2つ目説明会
立川吉笑
牡丹燈籠2012(上)
立川談笑
仲入り
牡丹燈籠2012(下)
立川談笑
別冊付録「談笑に訊け」
広瀬和生・談笑

笑二さんの強情灸、筋は大きく変わらないが細かいくすぐりがおかしい。爆笑まではいかないがセンスがいいのかな。

吉笑さんは、パワポをプロジェクターで映し背広姿で、二つ目になるに当たっての説明を。という体のネタ。落語というよりフリップ芸に近いのかな。一年半で二つ目になった状況自体をネタにする姿勢が落語家らしいと言えるのかな。

今回の牡丹灯籠は、博品館版の二夜分をコンパクトにまとめた感じ。新三郎が商家の若旦那で、生き別れの双子の兄弟の山本志杖が生地獄の境遇に落ちた恨みを新三郎親子に晴らす物語に“改作”。緩急自在の話し運びを堪能。

アフタートークで、家元の慶安太平記のように、講釈や浪曲から材を得て“新作”落語にした様な形で、圓朝文学としての牡丹灯籠を、新作落語としたのが談笑版であると指摘したのに納得。

プログラム

配布チラシ

|

« 12/04/08 春狂言2012 東京公演 #kyougen #狂言 | トップページ | 12/04/10 三遊亭白鳥創作落語集 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

立川談笑」カテゴリの記事

広瀬和生」カテゴリの記事

立川笑二」カテゴリの記事

立川吉笑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/04/09 月刊談笑 4月号 #落語 #rakugo:

« 12/04/08 春狂言2012 東京公演 #kyougen #狂言 | トップページ | 12/04/10 三遊亭白鳥創作落語集 #落語 #rakugo »