« 12/05/01 黄金週間鈴々舍馬桜プロデュース公演〈第三部〉「遊一・馬治・馬吉同期会」 #落語 #rakugo | トップページ | 12/05/02 風流tokyo堂 #2 #落語 #rakugo »

12/05/02 池袋山野楽器落語会 #落語 #rakugo

公演名
池袋山野楽器落語会
会場
ヤマノミュージックサロン池袋
日時
2012年5月2日 15:00~
南京玉すだれ
古今亭ちよりん
花色木綿
古今亭ちよりん
粗忽長屋
鈴々舎馬るこ
泣き塩
古今亭ちよりん
まめだ
鈴々舎馬るこ

ちよりんさん、再来週当たりに、東北てのチャリティ寄席で前説で南京玉すだれを演ることになったそうで、馴らしとということでご披露。

ちよりんさん、芸人は験を担ぐと泥棒の噺へ。出来心なんだろうけど、後半の泥棒に入られた男が盗まれたと嘘をいう場面からなので、花色木綿かなと。ほんわかとした雰囲気がちよりんさんに合っている。

粗忽長屋は、馬るこさんにしてはごくオーソドックスに。別に無理して崩す必要はないけど、行き倒れを、当人に確認させるという状況を馬るこさん流に煽って欲しかった。

泣き塩は初めて聞く。若い娘と侍が別々の理由で往来で泣くという状況を、作る過程が少々強引なので腕が必要なのかな。娘が話す場面がちよりんさんの仁に合っている感じなので、今日はそこが短くて残念。

まめだは、馬るこさんにしては珍しい人情もの。今日は時間が無くて駆け足になっていたのが残念。じっくりと演るところを聞いてみたい。

配布チラシ
 

|

« 12/05/01 黄金週間鈴々舍馬桜プロデュース公演〈第三部〉「遊一・馬治・馬吉同期会」 #落語 #rakugo | トップページ | 12/05/02 風流tokyo堂 #2 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

鈴々舎馬るこ」カテゴリの記事

古今亭ちよりん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/05/02 池袋山野楽器落語会 #落語 #rakugo:

« 12/05/01 黄金週間鈴々舍馬桜プロデュース公演〈第三部〉「遊一・馬治・馬吉同期会」 #落語 #rakugo | トップページ | 12/05/02 風流tokyo堂 #2 #落語 #rakugo »