« 2012/05/14 国立演芸場五月中席 春風亭一之輔真打昇進披露公演 #rakugo #落語 | トップページ | 2012/05/16 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 春之瞬」 #rakugo #落語 »

12/05/15 らくごカフェに火曜会 三之助・馬吉 #rakugo #落語

公演名
らくごカフェに火曜会
会場
らくごカフェ
日時
2012年5月15日19:30~
転宅
柳家三之助
大山詣り
金原亭馬吉
仲入り
粗忽長屋
金原亭馬吉
猫の災難
柳家三之助

三之助さんの転宅、泥棒の間の抜けたとぼけた雰囲気がいい。お妾さんが、泥棒だと認めた時の一瞬で計略を巡らす様子が表情のちょっとした動きで表現していた。

大山詣りは久しぶり。昨シーズンは聞いていないかな。馬吉さんの熊公はそれほど嫌味がなく、先達のもの柔らかさが伝わって、後味の悪さが軽減されている。

馬吉さんは、枕のための定番の小咄を、何とか照れることなくできる様になってきたと、粗忽者の小咄を振ってから粗忽長屋へ。テンポ良く無駄な入れごとなしにトントンと。

日本酒の今昔の話しから、三之助さんお得意の猫の災難へ。酒が飲めない質としては、この酒への執着心が理解ができないが、まあ、美味しく見える。何なんでしょうな。

三之助さんは猫の災難の枕で、伝統といっても最近になってからのものが、案外多いという話しになって、落語のしきたりでもそうで、例えは、座布団の返しで、縫い目が客に見えないように、左右に回すのも、最近になってからのものではないかという流れに。
先代の小さん師匠が、寄席で花緑さんの直前に飛び入りして、孫可愛さからか、座布団を返して高座を下りた時、前後に回して縫い目が見えるようにしてしまったそう。
このことを小三治師匠に話したところ、「俺も前座の時、そんなこと(縫い目を客に見せないようにすること)はしてなかった。最近の習わしじゃないか」と言われたそうで、座布団返しという、よく落語界の伝統的な習わしと言われていることも、案外あてにならないのではないのでは。

配布チラシ
 

|

« 2012/05/14 国立演芸場五月中席 春風亭一之輔真打昇進披露公演 #rakugo #落語 | トップページ | 2012/05/16 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 春之瞬」 #rakugo #落語 »

落語」カテゴリの記事

柳家三之助」カテゴリの記事

金原亭馬吉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/05/15 らくごカフェに火曜会 三之助・馬吉 #rakugo #落語:

« 2012/05/14 国立演芸場五月中席 春風亭一之輔真打昇進披露公演 #rakugo #落語 | トップページ | 2012/05/16 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 春之瞬」 #rakugo #落語 »