« 2012/05/16 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 春之瞬」 #rakugo #落語 | トップページ | 12/05/19 柳家三三で北村薫。2012〈円紫さんと私シリーズ〉「朧夜の底〜『夜の蝉』より」+「山崎屋」 #落語 #rakugo »

12/05/17 古今亭菊志ん「じぶんの落語」〜新しい出発のための第一夜〜 #落語 #rakugo

公演名
古今亭菊志ん「じぶんの落語」〜新しい出発のための第一夜〜
会場
渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
日時
2012年5月17日 18:45~
堀の内
古今亭菊志ん
短命
立川志らく
質問
志らく・菊志ん
仲入り
中村仲蔵
古今亭菊志ん
小言幸兵衛
古今亭菊志ん

菊志んさんの堀の内、弁当のくだりは省略。帰ってしばらくは落ち着いた状態になる演出。しかしながら、お札を間違えて貰ってきたことに気が付いて、元に戻ってしまう。もう少し整理されると良くなる予感。

短命を昨日は喜多八さん、今日は志らくさんと連続して聞く。両者ともに筋立だけを見ればほとんど変わらない。なのに違う。だから同じ演目を続けて聞いてもそれぞれに面白い。 

中村仲蔵もそう。この噺を初めて聞いたのは志の輔さん。ついには、国立劇場の大劇場での、花道を使った大掛かりな演出のものを見ている。それに対して、今日の菊志んさんは30分そこそこの軽妙な演出。だから見劣りするのではなく、菊志んさんらしさが楽しめた。

菊志んさんの予定では仲蔵の後は短命でお開き。志らくさんに演られたので小言幸兵衛へ。この幸兵衛さんの妄想の場面が、叩き込むようなテンポの良さで、短命を選んだ志らくさんに感謝。

プログラム

配布チラシ

|

« 2012/05/16 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 春之瞬」 #rakugo #落語 | トップページ | 12/05/19 柳家三三で北村薫。2012〈円紫さんと私シリーズ〉「朧夜の底〜『夜の蝉』より」+「山崎屋」 #落語 #rakugo »

落語」カテゴリの記事

立川志らく」カテゴリの記事

古今亭菊志ん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/05/17 古今亭菊志ん「じぶんの落語」〜新しい出発のための第一夜〜 #落語 #rakugo:

« 2012/05/16 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛 春之瞬」 #rakugo #落語 | トップページ | 12/05/19 柳家三三で北村薫。2012〈円紫さんと私シリーズ〉「朧夜の底〜『夜の蝉』より」+「山崎屋」 #落語 #rakugo »