« 12/06/03 第五回 正蔵・馬石・一之輔の会 #rakugo #落語 | トップページ | 鯉昇・塩鯛 東西お魚ふたり会 #rakugo #落語 »

012/06/04 第570回 紀伊國屋寄席 #rakugo #落語

公演名
第570回 紀伊國屋寄席
会場
紀伊國屋ホール
日時
2012年6月4日 18:30~
権助魚
春風亭朝呂久
やかん
柳家初花
天狗裁き
林家木久蔵
お化長屋
三遊亭歌司
仲入り
高砂や
柳家花緑
猫定
五街道雲助

朝呂久さんの権助魚、しっかりと落ち着いた感じでいい感じ。この秋の二つ目昇進に向けて確実に成長している。

初花さんのやかん、講釈の場面がしっかりしていて、全体的に引き締まったいた。 

木久蔵さんは、その伸びやかさがちょっと苦手。ただ、今日は大らかに演った天狗裁きが存外良かった。このくらい明るい方がいいネタかも。

歌司さんは初めてかな。お化け長屋も乱暴者が友達に脅されて隠居のところまで逃げる所まで。ここの部分まで聞いたのは初めてかな。ここまでやるとなると、乱暴者というよりは、ちょっとしたお調子者。

花緑さんは、往時にあった若いものがお年寄りに知恵をもらうという良い習慣を描くものとして高砂やを捉えていると。その言葉通り、八公と隠居とのやり取りが明るく楽しく描かれる。その空気感が心地よい。

猫定は初めてかな。なぜか、猫忠と勘違いしていて、始めは何これ状態。聞き終わると生粋の化け猫怪談。定吉が殺される場面のシャープさ、二体の仏が早桶の中で立ち上がって睨み合う場面の怖さを堪能。今シーズン初の怪談を雲助さんで聞けた幸せ。

プログラム

配布チラシ>

|

« 12/06/03 第五回 正蔵・馬石・一之輔の会 #rakugo #落語 | トップページ | 鯉昇・塩鯛 東西お魚ふたり会 #rakugo #落語 »

落語」カテゴリの記事

五街道雲助」カテゴリの記事

春風亭朝呂久」カテゴリの記事

柳家花緑」カテゴリの記事

柳家初花」カテゴリの記事

林家木久蔵」カテゴリの記事

三遊亭歌司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 012/06/04 第570回 紀伊國屋寄席 #rakugo #落語:

« 12/06/03 第五回 正蔵・馬石・一之輔の会 #rakugo #落語 | トップページ | 鯉昇・塩鯛 東西お魚ふたり会 #rakugo #落語 »