« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

12/06/29 千五郎狂言会 第十三回 #狂言 #kyougen

公演名
千五郎狂言会 第十三回
会場
国立能楽堂
日時
2012年6月29日 19:00~
雁礫(がんつぶて)
大名
茂山千五郎
道通りの者
茂山茂
仲裁人
松本薫
鏡男(かがみおとこ)
茂山正邦
茂山宗彦
鬮罪人(くじざいにん)
太郎冠者
茂山千五郎
主人
茂山茂
立衆
茂山逸平
島田洋海
井口竜也
茂山宗彦
松本薫

雁礫、狙っただけで射落としたと強弁するジャイアン的主張をするが、それを通しきらないで仲裁を受け入れ、失敗した時に気をそらすことを言う可愛らしを千五郎さんが見事に描写していた。

狂言の鏡男は、落語の松山鏡。舞台も松山。尼さんの様な仲裁人がいなくて、男が鏡のなんたるかを知っている。男が鏡の説明をするほどに、浮気の誤魔化しに聞こえてくる演出が面白い。

鬮罪人は、神聖な籤で選ばれて主従が逆転して、日頃の鬱憤を晴らす展開にはならないのに驚いた。それでも、鬼が「こちへ来よ」と誘う姿が異界への誘いに見えた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/28 三K辰文舎 第6回「落語&ライブ」 #落語 #rakugo

公演名
三K辰文舎 第6回「落語&ライブ」
会場
文京シビックホール 小ホール
日時
2012年6月28日 19:00~
鮑のし
入船亭扇辰
夏泥
橘家文左衛門
たがや
柳家小せん
仲入り
ライブ
三K辰文舎

前半の落語は短めのものをトントンと。扇辰さんの鮑のしは口上までで後味スッキリと。文左衛門さんの夏泥の泥棒の情けなさが案外楽しい。小せんさんは夏にふさわしいたがやをキッチリと。

三K辰文舎のライブ、元々、歌に興味が無いのでこの会は避けていたのに(実際今日の歌も最初と最後しか聞いた事がない)、何となく来た。そんないい加減な態度で臨んでも退屈することなく楽しめた。来て良かった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/26 らくごカフェに火曜会 龍玉、朝太 #rakugo #落語

公演名
らくごカフェに火曜会 龍玉、朝太
会場
らくごカフェ
日時
2012年6月26日 19:30~
あくび指南
古今亭朝太
親子酒
蜃気楼龍玉
仲入り
道灌
蜃気楼龍玉
小言幸兵衛
古今亭朝太

朝太さんのあくび指南、動機は女師匠目当てではなく、好奇心から。終始、つぶらな瞳を輝かして稽古に励む。湯屋のあくびがおかしかった。 

龍玉さんの親子酒は秀逸。酔っ払いの姿がおかしい。やはり龍玉さんの酒の噺は良い。   

龍玉さんで道灌を聞く事ができるのが火曜会ならではの楽しみ。双蝶々で冷酷に小僧を殺す同じ人が「お恥ずかしゅう」と言えるのが落語の幅の広さ。

小言幸兵衛は、序盤の果てしない小言から、妄想へと飛躍して行くところがキモ。朝太さんの幸兵衛さんは、この妄想を喜々として語る。芝居の場面もちょい臭がいい。<

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/25 こしら一之輔 ほぼ月刊「ニッポンの話芸」 #落語 #rakugo

公演名
こしら一之輔 ほぼ月刊「ニッポンの話芸」
会場
成城ホール
日時
2012年6月25日 19:30~
らくだ
立川こしら
仲入り
茶の湯
春風亭一之輔
アフタートーク
広瀬和生・こしら・一之輔

こしらさんのらくだ、この会の一回目で一之輔さんが演ったことに合わせたものらしい。微妙にずれた所に拘泥してしまうのが、こしらさんのパターンのひとつだが、らくだでは、兄貴分がかんかんのうならぬ、やっさ踊りにこだわる。この一点だけでユニークなものになる。 

広瀬さんのこしらさんへのリクエストを自分へのものと勘違いして、直前までらきだをと迷ったらしい。そういう事もなく茶の湯へ。ただ、今まで聞いた中で一番はじけたものに。「コスモがはじけた」なんていう台詞を聞くとは。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/24 IMAホール落語会「白酒・三三二人会」 #rakugo #落語

公演名
IMAホール落語会「白酒・三三二人会」
会場
光が丘IMAホール
日時
2012年6月24日 14:00~
桃太郎
林家つる子
禁酒番屋
桃月庵白酒
質屋蔵
柳家三三
仲入り
五目講釈
柳家三三
お見立て
桃月庵白酒

白酒さんの禁酒番屋は久しぶり。ドイツの将校、五輪真弓は健在。鉄板の面白さ。

三三さんの質屋藏も定番ものになって来ているのかな。あれだけ動きのあるのは珍しいかなと。白酒さんの禁酒番屋と並んで得した気分。   

三三さんの五目講釈、ドラえもん、サザエさんなどのアニメネタも入って絶好調。講談の先生が勿体ぶってなかなか始めない様子が相変わらずおかしい。

白酒さんのお見立て、杢兵衛大尽が絶好調。あの勢いには、喜世川花魁のしたたかさもかなわない。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/24 「江戸の坂」散歩、市谷左内町〜神楽坂コース #sanpo #散歩

市ヶ谷なう。これから「江戸の坂」散歩、市谷左内町〜神楽坂コース。 #散歩 #sanpo 09:51:09

#
市谷亀岡八幡宮なう。市谷八幡宮男坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/j26qlvzj http://yfrog.com/ntwj7uj 10:07:04

#
市谷八幡宮女坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/klqavonj http://yfrog.com/oet8emzj http://yfrog.com/nw8armrj 10:10:27

#
市谷左内町なう。左内坂。 #散歩 #sanpo http://yfrog.com/h0g5ypqj http://yfrog.com/odggxlezj 10:26:36

#
防衛省左内門から下る、安藤坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/gyhoxqetj http://yfrog.com/j2cqefswj 10:32:51

#
納戸町なう。中根坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/eshgjasj http://yfrog.com/hwsufelj 10:41:32

#
市谷長延寺町なう。長延寺坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/j2utzkij http://yfrog.com/j2x6oywj 10:58:29

#
市谷田町二丁目なう。浄瑠璃坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/klw0posj http://yfrog.com/nt896waj 11:10:31

#
市谷砂土原町なう。芥(ごみ)坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/hsb6udlj http://yfrog.com/mmo1bupj 11:15:35

#
Instagramへの投稿  @ 芥坂 (市谷) http://instagr.am/p/MPVDgyjw0Y/ 11:16:26

#
納戸町なう。鼠坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/h73lcfgj http://yfrog.com/odoyhqej http://yfrog.com/h6ud8yjj 11:27:21

#
Instagramへの投稿  @ 鼠坂 (市ヶ谷) http://instagr.am/p/MPWa8fjw1P/ 11:28:21

#
払方町なう。鰻坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/g0c3kkjj http://yfrog.com/h2tajqkrj http://yfrog.com/nxx0ikdj 11:38:25

#
市谷田町三丁目なう。歌坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/obbabcwj http://yfrog.com/ny2ynmrj 11:52:18

#
市谷舟河原町なう。逢坂(おうさか)。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/nx81wqlj http://yfrog.com/gyi94zbj http://yfrog.com/ntolmhaj 12:05:02

#


地図上で確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/23 第十三回 大手町落語会 夜席〜ザ・古今亭!〜 #落語 #rakugo

公演名
第十三回 大手町落語会 夜席〜ザ・古今亭!〜
会場
日経ホール
日時
2012年6月23日 18:30~
そば清
古今亭菊六
紙入れ
古今亭菊志ん
笠碁
桃月庵白酒
仲入り
鮑のし
隅田川馬石
井戸の茶碗
金原亭馬生

菊六さんのそば清は、古今亭らしく端正な形。そばをすする仕草はさりげなく、かつ、おかしみもある。下げもさりげなく。

菊志んさんの紙入れ、女性の逞しさを強調する演出。お上さんの表情や仕草が表現豊かで楽しく。 

白酒さんの笠碁のご隠居の二人は、ガキ大将がそのまま大きくなった様な自由さ。周りの迷惑を顧みずじゃれ合う姿が微笑ましい。

馬石さんは円朝ものなんかをよく演るが、鮑のしの様な滑稽噺も楽しくて、まさしく白酒さんと兄弟弟子だという事が実感される。家主の描き方も理のかなった形で好感が持てる。

馬生さんの井戸の茶碗の卜斎は、芯の通った凛とした佇まい。その品の良さに、五十両を断る姿に説得力 がある。とにかく気持ちのいい時が持てた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/23 第十三回 大手町落語会 昼席〜ザ・柳家!〜 #落語 #rakugo

公演名
第十三回 大手町落語会 昼席〜ザ・柳家!〜
会場
日経ホール
日時
2012年6月23日 14:00~
かぼちゃ屋
柳家さん弥
崇徳院
柳家小せん
不動坊
柳家花緑
仲入り
雛鍔
柳家三三
らくだ
柳家権太楼

さん弥さんはこの中で一番に若いのに、そうは見えない風貌。かぼちゃ屋もどことなくのんびりした所がある。

小せんさんの崇徳院には不意をつかれた感じ。何となくこういうものはやらない印象があった。それでも、きちんと笑わせてくれるので、こちらの勘違い。 

花緑さんは、年に一回はこの噺をしたくなると不動坊を。三人組が相談するところから。とにかく明るくていい。

三三さんの雛鍔は連続して聞く。何かはまっているのかな。やはり、熊さんが、お上さんに茶菓子出しへの小言が、嫌味を感じさせないのがいい。

権太楼さんのらくだ、屑屋の酔ってからの変りぶりが鮮やか。テンポ良く展開して行って心地よい。らくだへの恨み節も胸に迫る。願人坊主は担がれている時から意識があって、屑屋とのやり取りがあってこれがおかしい。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/22 J亭落語会 一之輔独演会 #落語 #rakugo

公演名
J亭落語会 一之輔独演会
会場
JTアートホール アフィニス
日時
2012年6月22日 19:00~
桃太郎
林家つる子
加賀の千代
春風亭一之輔
船徳
春風亭一之輔
仲入り
鷺とり
柳家小太郎
猫久
春風亭一之輔

一之輔さんの加賀の千代、甚兵衛さんと隠居さんとの、息の合ったやり取りが抜群のおかしさ。この演出は一之輔さんの独擅場。

この会は白酒さん、三三さんと三人でワンシーズンを回していて、自分は最後なので季節外れになる。今回も一応春シーズン。といって春の噺なんかできないと船徳へ。若旦那のワガママぶりが可愛らしい。 

一之輔さんの加賀の千代、甚兵衛さんと隠居さんとの、息の合ったやり取りが抜群のおかしさ。この演出は一之輔さんでしか出来ない。

猫久はよくわからない噺。猫久のお上さんの行動を高く評価した侍の言葉をおうむ返しするのだが、なぜ侍の言葉に感銘を受けたのかが曖昧。一之輔さんはそこは棚上げして、おうむ返しをシュールなまでなデタラメさで楽しませる。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/19 月刊談笑 最終号 お馴染み!談笑十八番集「改作・新作」編 #落語 #rakugo

公演名
月刊談笑 最終号 お馴染み!談笑十八番集「改作・新作」編
会場
北沢タウンホール
日時
2012年6月19日 19:00~
饅頭こわい
立川笑二
台本問題
立川吉笑
イラサリマケー
立川談笑
薄型テレビ算
立川談笑
猿のゆめ
立川談笑
仲入り
新作・三題噺
立川談笑
別冊付録『談笑に訊け!』
聞き手:広瀬和生

前半の「イラサリマケー」、「薄型テレビ算」、「猿のゆめ」は、鉄板の面白さ。言葉遊びの面白さ、パズルを解く楽しみ、価値感の転倒に眩惑されるなど、落語の理の部分を楽しむ。

先月決まった「ガラパゴスの入国管理局」、「二番番頭」、「寝台列車」をお題にした三題噺。ガラパゴスに実際はない入国管理局をどう存在させるか、二番番頭に時代的な実感性を持たせるアクロバッティックな構成に唸る。寝台列車は弱かったかな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/17 まるこしら vol.3 #落語 #rakugo

公演名
まるこしら Vol.3
会場
お江戸両国亭
日時
2012年6月17日 18:15~
出来心
立川らく人
時そば
立川こしら
キャバクラ佐平次
鈴々舎馬るこ
仲入り
幇間腹
鈴々舎馬るこ
短命
立川こしら

こしらさんの時そばは、とにかく二人目のそば屋が怖すぎる。あの何を考えているのかわからない無反応さがおかしい。

馬るこさんは、つい2〜3日前におろした居残り佐平次をキャバクラに移した噺を。うまいこと言って延長させたり、ドンペリを入れさせたり、臨場感溢れる一編に。

馬るこさんの幇間腹は、医療資格を持っていないと、鍼を入手するまでを膨らます。 結局、畳針でやる事に。間あいだの芸人ネタを面白く。

こしらさんの短命の主人公の物分りのなさは、同じ言葉を喋っているのかふと不安になる。その様な不安感がこしらさんの持ち味かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/17 雲助蔵出し ふたたび #落語 #rakugo

公演名
雲助蔵出し ふたたび
会場
浅草見番
日時
2012年6月17日 14:00~
たらちね
古今亭きょう介
たがや
入船亭遊一
夏泥
五街道雲助
汲み立て
五街道雲助
仲入り
菊江の仏壇
五街道雲助

雲助さんの夏泥は、書籍から起こしたものとの事。他の人と少し違うそうだが、龍玉さんでしか聞いたことがないので、わからない。まあ、龍玉さんのもかなり手が入っているみたい。

汲み立ては、ふられた連中が色男に意趣返しする落語らしい噺。若い衆のやり取りを、雲助さんが楽しそうに演る。下げも色男とふられ連中との対立がとことんまで行く前にとんだものが間に入って、それが演目名になるのが落語らしい。 

菊江の仏壇は、山崎屋と味噌蔵が混じったものに後味の悪い結末がついたもの。初めて聞く。雲助さんは枕でデカダンな男の噺と。これと話中の若旦那が漏らした若妻から受ける圧迫感を合わせると、ある種の悲劇性が垣間見られる、と言うのは本意ではないかな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/16 鈴本演芸場六月中席夜の部 #落語 #rakugo

公演名
鈴本演芸場六月中席夜の部
会場
鈴本演芸場
日時
2012年6月16日 17:30~
金明竹
柳家花どん
子ほめ
柳家初花
手品
アサダ二世
元犬
隅田川馬石
荒茶
林家三平
漫才
大瀬ゆめじ・うたじ
悋気の独楽
林家正蔵
かんしゃく
柳亭燕路
仲入り
粋曲
柳家小菊
祇園祭
橘家圓太郎
太神楽曲芸
鏡味仙三郎社中
景清
柳家三之助

前座から続いて初花さん、馬石さんと軽い噺が。それぞれに工夫がある。特に馬石さんの元犬は、上総屋とのやり取りの絶妙な間で楽しませる。

三平さんを定席で聞くのは初めて。正蔵さんと兄弟で。芸風の微妙な古めかしさが荒茶には合っている。正蔵さんの悋気の独楽も定吉が可愛くていい。 

燕路さんとか圓太郎さんの様な渋いところを聞けるのも定席のいいところ。燕路さんの珍しいかんしゃくとか、圓太郎さんの生きの良い祇園祭とか堪能した。

トリの三之助さんの景清、定次郎の人間としての厚みが増してきた様な。下げの女房との邂逅と表現したくなる様な初々しさが新鮮。

プログラム
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/14 第三回 季刊はるかぜ #落語 #rakugo

公演名
第三回 季刊はるかぜ
会場
らくごカフェ
日時
2012年6月14日 19:00~
だくだく
春風亭一左
青菜
春風亭朝也
仲入り
お菊の皿
春風亭ぴっかり☆
佃祭
春風亭正太郎

一左さんのだくだく、落語らしいこの噺を楽しそうに。後段の見たての場面は、テンポ良くトントンと気持ち良く。

朝也さんは、一之輔さんの披露興行の番頭の裏話を。馬風師匠は流石。八五郎の旦那気取りが楽しい青菜が楽しい。 

ぴっかり☆さんのお菊さん、蓮っ葉な様子もかわいい。しかし、ここはあの人を師匠に持っているからには、何からしいものをぶち込んで欲しいかな。

正太郎さんの佃祭、次郎兵衞旦那の落ち着き具合がいい。悔やみの場面で与太郎にうるっとさせられてしまったのも、あの旦那の描写の前振りがあったればこそ。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/13 第十五回 にぎわい倶楽部 西のかい枝・東の兼好 #落語 #rakugo

公演名
第十五回 にぎわい倶楽部 西のかい枝・東の兼好
会場
横浜にぎわい座
日時
2012年6月13日 19:00~
子ほめ
三遊亭兼好
オトナの試験
桂かい枝
百川
三遊亭兼好
仲入り
孝行糖
三遊亭兼好
七度狐
桂かい枝

前座の上がりで兼好さんが登場。そのまま前座の体で子ほめを。一切のくすぐりを入れないで演るのだが、間の取り方、豊かな表情で楽しい一編に。

かい枝さんの新作、オトナの試験は、契約するために試験をするというもの。担当者には普通に知識不足で間違えて、その上司には問題が引っ掛け。新作らしい噺。下げになぜ試験をするかの合理的な理由を付けているのが蛇足というか、理に勝ちすぎになる一歩前という感じ。

百川では、兼好さんの百兵衛が一番じゃないかな。あの力の抜けたサバサバした感じがいい感じ。

兼好さんが演る孝行糖は、気持ちのいいテンポですっきりと。話の流れを妨げるような引っかかり丁寧に除いている。

かい枝さんの七度狐、ハメものも要所に入って上方らしくにぎやかに。川を渡る場面で、節を付けて掛け合うのは上方でしか見ないものだが、狂言でよく見る。何がしかの影響なのかな。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/11 三遊亭小遊三独演会 #落語 #rakugo

公演名
三遊亭小遊三独演会
会場
博品館劇場
日時
2012年6月11日19:00~
道灌
三遊亭小曲
船徳
三遊亭小遊三
禁酒番屋
林家たい平
仲入り
対談
たい平・小遊三
錦の袈裟
三遊亭小遊三

小遊三さんの独演会は初めて。船徳はきっちりとしたもので破綻はない。安定感があって安心して楽しめる。

たい平さんは、らしいくすぐりが入って楽しい禁酒番屋。二人目がカバン屋でランドセルを。入っているのは飲んで覚える漢字ドリル。小便を持って行くのが与太郎で、ヤダ味を和らげる。

小遊三さんの錦の袈裟、職人たちの会話が、テンポ良くリズミカルで、スルスルと入ってくる。与太郎とかみさんとの無駄のない会話も楽しい。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/10 特撰花形落語会 柳家喬太郎・柳家三三 二人会 #rakugo #落語

公演名
特撰花形落語会 柳家喬太郎・柳家三三 二人会
会場
THEATRE 1010
日時
2012年6月10日12:30~
子ほめ
古今亭きょう介
ほんとのこというと
柳家喬太郎
五貫裁き
柳家三三
仲入り
雛鍔
柳家三三
竹の水仙
柳家喬太郎

喬太郎さんのほんとのこというと、この噺は二回目くらいかな。後に上がった三三さんが日曜の昼下がりにとんだものをと、からかう内容。そんな事を感じないほど楽しんだ。

三三さんが中入りに入れたのが五貫裁き。三三さんの八五郎は軽やかなので噺が重たくならない。後味爽やかに。

三三さんの雛鍔は、若様と金坊がそれぞれにかわいい。何か根っこのところで通じている感じ。母親のお茶出しへの小言の場面も嫌味がなくていい。

喬太郎さんの竹の水仙、宿役人の権太楼ぶり全開で安定した面白さ。何回聞いても楽しい。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/10 「江戸の坂」散歩、住吉町〜新宿コース #sanpo #散歩

曙橋なう。これから「江戸の坂」散歩、住吉町〜新宿コース。 #散歩 #sanpo 09:40:06

#
市谷台町なう。台町坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/odqtlaaj http://yfrog.com/h8d41wvj 09:51:21

#
住吉町なう。安養寺坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/oex7ujdj http://yfrog.com/oe1h9nxj http://yfrog.com/odzoeycj 10:01:07

#
市谷仲之町なう。念仏坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/nyogybmj http://yfrog.com/esra5vgmj http://yfrog.com/nysruayj 10:08:15

#
余丁町なう。団子坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/hsi19fej http://yfrog.com/oeva0suoj 10:25:09

#
新宿六丁目なう。山吹坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/kjy3azqkj http://yfrog.com/estgczepj http://yfrog.com/obq9tzsyj 10:41:15

#
新宿七丁目なう。久左衛門坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/esenrfaj http://yfrog.com/h752mksj http://yfrog.com/odasrtwj 10:52:47

#
新宿七丁目。梯子坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/mnur3rrj http://yfrog.com/khqi3ngj 10:56:44

#
Instagramへの投稿  @ 梯子坂 http://instagr.am/p/LrQfmCDw7t/ 11:04:04

#
新宿七丁目。椎木坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/kfjenmej http://yfrog.com/nw1glmqj http://yfrog.com/espmmbdj 11:13:31

#


地図上で確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/09 第十三回 鎌倉はなし会 桂米團治独演会 #rakugo #落語

公演名
第十三回 鎌倉はなし会 桂米團治独演会
会場
鎌倉芸術館 小ホール
日時
2012年6月9日 14:00~
つる
桂米輝
稽古屋
桂米團治
向う付け
桂紅雀
はてなの茶碗
桂米團治
仲入り
崇徳院
桂米團治

米輝さんのつる、本題に入る前の隠居とのやり取りが丁寧で楽しい。ここいらへんが上方なのかな。

稽古屋は米團治さんでしか聞いたことがない。お囃子との息があっていないと面白くない噺。今日もピッタリとあって、お師匠さんと子供達との楽しいやり取りが、パーっと眼前に浮かぶ。

向う付けも紅雀さんでしか聞いたことがない。この噺での喜六が良くて、女房とか帳場の相方からも、鼻を拭ってもらう。とにかく皆に好かれている。このポッコリとした温い感じが与太郎にはない感じ。

米團治さんの茶金には、さすがの貫禄。これがないと、天子さんにまで届いてしまうことへの説得力がない。

崇徳院を米團治さんで聞くと、熊さんの追い詰められていく様子にも、どことなくのんびりした所がある。それもいいが、江戸の勢いがある方が好みかな。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/08 下町ダニーローズ第十三回公演 立川談志追悼公演 演劇らくご「談志のおもちゃ箱」〜ヴェニスの商人?黄金餅後日談〜 #rakugo #落語

公演名
下町ダニーローズ第十三回公演 立川談志追悼公演 演劇らくご「談志のおもちゃ箱」〜ヴェニスの商人?黄金餅後日談〜
会場
新宿シアターモリエール
日時
2012年6月8日 18:30~
古典落語「黄金餅」
志らく→談志リレー
芝居「ヴェニスの商人?黄金餅後日談」
 

談志のおもちゃ箱の通り、楽しいことがはじけ飛んだ感じ。始めから終わりまでシンプルに楽しめた。 とにかく、来たみんなが楽しく帰ってもらいたいという志らくさんの気持ちが横溢していた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯉昇・塩鯛 東西お魚ふたり会 #rakugo #落語

公演名
鯉昇・塩鯛 東西お魚ふたり会
会場
日本橋公会堂
日時
2012年6月7日 19:00~
熊の皮
瀧川鯉ちゃ
千早ふる
瀧川鯉昇
壺算
桂塩鯛
仲入り
牛ほめ
桂塩鯛
船徳
瀧川鯉昇

鯉昇さんのモンゴルに飛んでしまう千早ふる、いつもながらに、あのとぼけた雰囲気から繰り出されるシュールな状況が楽しい。

壺算での追い込みを塩鯛さんの大阪弁で聞くと、やはり、説得力というか圧力というかを感じてしまう。興味深い。

上方と江戸の落語を比較すると、上方の方が筋の整合性を重視すると、長屋の花見と蛇含草を挙げて説明。その後入った牛ほめは、東西であまり変わらない様な。

鯉昇さんの船徳は、客がくる所から。質屋の若旦那の船頭で、客が流されてしまうまで。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

012/06/04 第570回 紀伊國屋寄席 #rakugo #落語

公演名
第570回 紀伊國屋寄席
会場
紀伊國屋ホール
日時
2012年6月4日 18:30~
権助魚
春風亭朝呂久
やかん
柳家初花
天狗裁き
林家木久蔵
お化長屋
三遊亭歌司
仲入り
高砂や
柳家花緑
猫定
五街道雲助

朝呂久さんの権助魚、しっかりと落ち着いた感じでいい感じ。この秋の二つ目昇進に向けて確実に成長している。

初花さんのやかん、講釈の場面がしっかりしていて、全体的に引き締まったいた。 

木久蔵さんは、その伸びやかさがちょっと苦手。ただ、今日は大らかに演った天狗裁きが存外良かった。このくらい明るい方がいいネタかも。

歌司さんは初めてかな。お化け長屋も乱暴者が友達に脅されて隠居のところまで逃げる所まで。ここの部分まで聞いたのは初めてかな。ここまでやるとなると、乱暴者というよりは、ちょっとしたお調子者。

花緑さんは、往時にあった若いものがお年寄りに知恵をもらうという良い習慣を描くものとして高砂やを捉えていると。その言葉通り、八公と隠居とのやり取りが明るく楽しく描かれる。その空気感が心地よい。

猫定は初めてかな。なぜか、猫忠と勘違いしていて、始めは何これ状態。聞き終わると生粋の化け猫怪談。定吉が殺される場面のシャープさ、二体の仏が早桶の中で立ち上がって睨み合う場面の怖さを堪能。今シーズン初の怪談を雲助さんで聞けた幸せ。

プログラム

配布チラシ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/03 第五回 正蔵・馬石・一之輔の会 #rakugo #落語

公演名
第五回 正蔵・馬石・一之輔の会
会場
六本木BeeHive
日時
2012年6月3日 13:00~
桃太郎
林家つる子
四段目
林家正蔵
大山詣り
春風亭一之輔
仲入り
笠碁
隅田川馬石

つる子さんの桃太郎、独特の発声が面白い。くせがあるという感じなのだが、何回か聞いて慣れてくると、これもありかなという感じ。

正蔵さんの子供は可愛いので、四段目の定吉の伸びやかさがいい。芝居の場面もしっかりしているので、情景が鮮やかに浮かぶ。 

一之輔さんの大山詣りの熊公は、威勢がいい。真面目に考えると女性の髪の毛を剃ってしまう後味の悪さを、勢いでねじ伏せる感じ。

馬石さんの笠碁は、ご隠居ではないかな。年はそれなりいっていても現役の様。最初の囲碁の場面を丁寧に演っていて、目線の動きと碁を打つ所作でまざまざと浮かぶ。その分、仲直りの場面を軽くてばランクが取れていた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/02 柳家花緑独演会 #rakugo #落語

公演名
柳家花緑独演会
会場
なかのZERO 小ホール
日時
2012年6月2日 19:30~
やかん
柳家録太
祇園祭
柳家花緑
仲入り
竹の水仙
柳家花緑

録太さんは初めてかな。やかんの講釈の場面をしっかりと演れていて、ちゃんと笑いを取れていた。先が楽しみ。

花緑さんの祇園祭は、三人旅の部分が入ったもの。ここのやり取りから楽しい。京の男もイヤミぶりも粘り気がないという感じで花緑さんらしい。江戸の祭り囃子もきっちりと。 

花緑さんでの竹の水仙は初めてかな。とにかく明るい。宿屋の主人が底抜けに人が良いという演出で、この明るさが楽しい。甚五郎が竹の水仙を作る気になったのもこのお人好しにほだされたから。この演出が花緑さんらしさで惹かれる所。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/02 「江戸の坂」散歩、市谷本村町〜愛住町コース #sanpo #散歩

市ヶ谷なう。これから「江戸の坂」散歩、市谷本村町〜愛住町コース。 #散歩 #sanpo 14:30:57

#
市谷本村町なう。高力坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/h43taqdj http://yfrog.com/hsyvddbj http://yfrog.com/hww3kjwj 14:54:02

#
本塩町なう。比丘尼坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/h7rmchwj http://yfrog.com/od71158026j 15:00:06

#
坂町なう。坂町坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/obihejcj http://yfrog.com/nxaxfupj http://yfrog.com/kggldpfj 15:10:46

#
三栄町と荒木町の境を下る、津の守坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/ki21wflj http://yfrog.com/h0oo4qzuj 15:27:55

#
片町なう。合羽坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/kfwfovgj http://yfrog.com/nvlmnipj 15:34:10

#
荒木町なう。新坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/gzdq4hej http://yfrog.com/h3z4mzqtj 15:44:56

#
愛住町なう。闇(くらやみ)坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/o0rtisnj http://yfrog.com/nxj2vdj http://yfrog.com/g0jh8ozj 15:56:16

#
富久町なう。自証院坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/ocobqopj http://yfrog.com/mo4k2sbj 16:03:32

#
富久町。禿(かむろ)坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/ke8xvscj http://yfrog.com/oenuopaj http://yfrog.com/h77tvzsdj 16:18:17

#
Instagramへの投稿  @ 成女学園室内プール http://instagr.am/p/LXOoIQDw6Z/ 16:23:25

#
富久町。安保(あぼ)坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/ocbr4bwj http://yfrog.com/esybflwj http://yfrog.com/nwfgndsj 16:29:50

#
四谷四丁目なう。茗荷坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/j2qvpnwj http://yfrog.com/oe9e7haj 16:35:10

#
富久町。瓶割坂。 #散歩 #sanpo  http://yfrog.com/oboyvvgaj 16:41:46

#
Instagramへの投稿  @ ハンドレッド・サーカス・イースト・タワー (HUNDRED CIRCUS East Tower) http://instagr.am/p/LXcWCRDw-A/ 18:22:47

#
Instagramへの投稿  @ 新開橋 http://instagr.am/p/LXdL1dDw-L/ 18:30:03

#
Instagramへの投稿  @ 谷戸運動公園 http://instagr.am/p/LXekZVjw-g/ 18:42:19

#


地図上で確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/01 第十四回 北沢落語名人会 春風亭一朝・一之輔 親子会 #rakugo #落語

公演名
第十四回 北沢落語名人会 春風亭一朝・一之輔 親子会
会場
北沢タウンホール
日時
2012年6月1日 19:00~
金明竹
柳亭市也
普段の袴
春風亭一之輔
片棒
春風亭一朝
仲入り
天災
春風亭一朝
粗忽の釘
春風亭一之輔

一之輔さんが真打ちになってからはじめての親子会、それぞれのお得意のネタをたっぷりと。お腹いっぱいに堪能した。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/05/31 第七回 よこはま菊六開花亭 #rakugo #落語

公演名
第七回 よこはま菊六開花亭
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
2012年5月31日 19:00~
初天神
林家けい木
火焔太鼓
古今亭菊六
百川
柳家右太楼
仲入り
心眼
古今亭菊六

菊六さんの火焔太鼓は、さすがの古今亭直系。テンポが良くて、雑味がなくスッキリと。

右太楼さんは菊六さんと同期の由。9月下席からの披露興行に皆さん来てくださいと呼び込み。朝太さんと交代でなく50日全部出る様。時間がないといいながらの百川は、メリハリが効いて楽しかった。

菊六さんで心眼を聞いて感じたのが、この噺、芝居を元にしたんじゃないか。目が開いて芸者と料亭に入って行く所を女房がつけていく様子。そこで繰り広げられる生臭い展開は落語らしくない。菊六さんの端正な語り口で、そんなことを感得させられた。

配布チラシ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »