« 012/06/04 第570回 紀伊國屋寄席 #rakugo #落語 | トップページ | 12/06/08 下町ダニーローズ第十三回公演 立川談志追悼公演 演劇らくご「談志のおもちゃ箱」〜ヴェニスの商人?黄金餅後日談〜 #rakugo #落語 »

鯉昇・塩鯛 東西お魚ふたり会 #rakugo #落語

公演名
鯉昇・塩鯛 東西お魚ふたり会
会場
日本橋公会堂
日時
2012年6月7日 19:00~
熊の皮
瀧川鯉ちゃ
千早ふる
瀧川鯉昇
壺算
桂塩鯛
仲入り
牛ほめ
桂塩鯛
船徳
瀧川鯉昇

鯉昇さんのモンゴルに飛んでしまう千早ふる、いつもながらに、あのとぼけた雰囲気から繰り出されるシュールな状況が楽しい。

壺算での追い込みを塩鯛さんの大阪弁で聞くと、やはり、説得力というか圧力というかを感じてしまう。興味深い。

上方と江戸の落語を比較すると、上方の方が筋の整合性を重視すると、長屋の花見と蛇含草を挙げて説明。その後入った牛ほめは、東西であまり変わらない様な。

鯉昇さんの船徳は、客がくる所から。質屋の若旦那の船頭で、客が流されてしまうまで。

配布チラシ

|

« 012/06/04 第570回 紀伊國屋寄席 #rakugo #落語 | トップページ | 12/06/08 下町ダニーローズ第十三回公演 立川談志追悼公演 演劇らくご「談志のおもちゃ箱」〜ヴェニスの商人?黄金餅後日談〜 #rakugo #落語 »

落語」カテゴリの記事

瀧川鯉昇」カテゴリの記事

桂塩鯛」カテゴリの記事

瀧川鯉ちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯉昇・塩鯛 東西お魚ふたり会 #rakugo #落語:

« 012/06/04 第570回 紀伊國屋寄席 #rakugo #落語 | トップページ | 12/06/08 下町ダニーローズ第十三回公演 立川談志追悼公演 演劇らくご「談志のおもちゃ箱」〜ヴェニスの商人?黄金餅後日談〜 #rakugo #落語 »